/images/news/kaopiz-news-cover.png
NEWS
グリーントランスフォーメーション|歴史や最近のトレンド、メリット、デメリットについて解説
calendar
2024.04.03
repeat
2024.04.04

グリーントランスフォーメーション|歴史や最近のトレンド、メリット、デメリットについて解説

グリーントランスフォーメーションとは、より持続可能で環境に優しい社会や経済への包括的な移行のことです。

グリーントランスフォーメーションとは、社会のさまざまな分野における、環境的に持続可能な慣行やテクノロジー、政策への包括的な移行のことです。気候変動を緩和し、生態系への影響を低減し、より持続可能な未来を促進することを目的とした、資源消費的で汚染的な慣習からより持続可能で環境に優しい選択肢への移行を伴います。

グリーントランスフォーメーションは、エネルギーの生産と消費、輸送、廃棄物管理、農業、建設など、その範囲はさまざまな分野に及びます。再生可能なエネルギー源の導入、エネルギー効率の改善、温室効果ガス排出量の削減、循環経済の原則の導入、天然資源の保護、環境に優しい慣行や製品の普及などが含まれます。

目次

グリーントランスフォーメーションの歴史

環境運動は20世紀半ばに始まりました。特徴的な出来事としては1962年、レイチェル・カーソンの著書『沈黙の春』の出版が挙げられ、これによって農薬の有害性に対する認識が高まりました。この運動によって環境問題に対する人々の意識が高まり、自然保護と持続可能性の必要性が認識されるようになりました。

1960年代から1970年代にかけて、各国の政府は大気汚染や水質汚染、廃棄物の管理、生息地の保護などの問題に対処するため、環境規制を制定し始めました。米国では大気浄化法(1970年)や水質浄化法(1972年)といった画期的な法律が制定され、環境保護と管理の慣行が確立されました。

グリーントランスフォーメーション の歴史 width=

2015年、国連は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択しました。このアジェンダには、社会や経済、環境の側面を網羅する17の持続可能な開発目標(SDGs)が含まれています。SDGsはグリーントランスフォーメーションのための包括的な枠組みを提供し、政府や企業、組織の持続可能性への取り組みを導くものです。2020年には、EUの「欧州グリーン・ディール」が承認され、2050年までに欧州をクライメート・ニュートラル(気候中立)にすること、グリーンテクノロジーによって経済を活性化すること、持続可能な産業と輸送を創出すること、公害を削減することを目指しています。

グリーントランスフォーメーションは、科学の進歩や政策の発展、人々の意識、気候変動や生物多様性の損失、資源の枯渇といった差し迫った環境問題への緊急の対応に後押しされ、進化し続けています。より持続可能でレジリエントな未来の創造には、セクターや国を超えた継続的なコミットメントや協働、革新が必要です。

グリーントランスフォーメーションの最新トレンド

テクノロジーの進歩は、グリーントランスフォーメーションにおいて重要な役割を果たしています。太陽光発電や風力発電など、再生可能エネルギー技術の価格と効率が向上したことで、その導入が加速しています。エネルギー効率や持続可能な輸送、廃棄物管理など、グリーンテクノロジーの進歩も、グリーントランスフォーメーションに貢献しています。

コード処理に伴うエネルギー消費を削減し、同時にITシステム間の効率を向上させる力を持つグリーンコーディングとグリーンシステムアーキテクチャは、今後数年間でグリーン移行にさらに不可欠なものとなるでしょう。しかし、これらは比較的新しいスキルであり、現在多くの候補者や従業員が持っているわけではありません。そのため、スキルアップとリスキリングへの取り組みが今後ますます重要になるでしょう。

近年、グリーン認証やカーボンフットプリント削減プログラム、持続可能なサプライチェーンマネジメントなど、企業の持続可能性への取り組みが注目を集めているように、このトレンドはすでに進行中のものです。

AIは建物のエネルギー消費を削減できる

気候目標を達成するにはエネルギー消費を削減する必要があります。そのために、AIは有用なツールになりうるものです。AIは、天気予報や建物の稼働率、環境条件のデータなどを分析し、それに応じて室内空間の暖房や冷房、換気、照明の必要性を調整できます。

グリーントランスフォーメーション の最新トレンド

全自動ドローンとディープラーニングでメンテナンスの必要性を予測できる

現在の大型構造物の検査方法は時間や費用がかかるうえに危険です。作業員がロープや足場を登る姿を想像してみてください。その解決策として、3D解析とディープラーニングによって、構造物の重大な損傷を自動的に特定します。このテクノロジーは橋やダム、電波塔の検査に使用されてきています。また、稼働中の原子炉内にて史上初の自動飛行を完遂しました。

ブロックチェーン技術で食の透明性を実現できる

ブロックチェーン技術やIoT、AI、機械学習を用いて、顧客が食品サプライチェーンのプロセスを通じて食品を追跡できるプラットフォームを構築できます。食品産業では、食品のサプライヤーや生産者の多くが、品質や味、食品の安全性を検証するための内部メカニズムを持っていますが、サプライチェーンの他の部分と情報共有する方法がありません。ブロックチェーン技術を使用することで、データをブロックチェーンの参加者全員で共有でき、透明性の高い食品サプライチェーンの構築が可能です。

AIは炭素市場の透明性を高める

炭素市場と森林管理は、ネガティブエミッションを達成するための鍵です。しかし、このような市場の信頼性を高めるためには透明性が必要であり、そこでAIの出番となるのです。さらに、このようなプロジェクトに信頼性を持たせるために、衛星画像とAIを使って森林に取り込まれた炭素を測定し、カーボンクレジットの購入者に明確な結果を提示しています。

センサーが大気の質をナビゲートする手助けとなる

排出量の削減を狙い、人の健康を守るために必要な決断をする際に、大気汚染と温室効果ガスを測定するまったく新しい方法を導入します。極めて局所的な大気質と温室効果ガスの測定と分析を発展させ、誰もがブロックからブロックへとローカルで即時のデータにアクセスできるようにします。

気候に関するデータドリブンの意思決定がさらに効果的になる

企業のエネルギー消費と出張による二酸化炭素排出量の分析には時間がかかります。しかし、これは企業の排出量を最小限に抑えるうえでインパクトが強い変更を開始するための重要な部分です。Salesforce Sustainability Cloud は、企業が環境データを追跡や分析、報告し、二酸化炭素排出量の削減と持続可能性の推進を支援するプラットフォームとして良い例です。このプラットフォームは、データを収集し、企業の二酸化炭素排出量を定量化し、気候変動行動計画によるチェンジマネジメントをサポートします。

野生生物のマッピングと保護により絶滅を防止できる

国連の地球的評価によると、100万の生物種が絶滅の危機に瀕しており、その多くは気候変動の影響もあって今後10年以内に姿を消す可能性があるとのことです。 野生動物をより良く保護するため、コンサベーション・インターナショナルとGoogle社が率いる7つの組織は、カメラトラップとして知られる動体検知カメラで撮影した写真を使用して、野生の450万頭以上の動物をマッピングしました。この写真はすべてWildlife Insightsの一部です。Wildlife InsightsはAIに対応したGoogle Cloudベースのプラットフォームで、カメラトラップの写真解析を高速化することで保護監視を効率化します。

仮想現実によって人々が気候変動に関与できる

テクノロジーは、人々をグリーン移行に参加させるためにも利用が可能です。「This is Climate Change」というシリーズでは、視聴者を気候変動の最前線に誘うバーチャルリアリティ映画を制作しました。このシリーズでは、地球温暖化がもたらす壊滅的な影響を示し、視聴者を世界的な変化に巻き込もうと考えています。

グリーントランスフォーメーションのメリット

グリーントランスフォーメーションは、温室効果ガスの排出を削減し、天然資源を保護し、生態系と生物多様性を保護し、大気と水質を保全することによって、人間の活動が環境に与える影響を緩和するものです。

よりクリーンなエネルギー源に移行し、汚染を減少させ、持続可能な慣行を促進することにより、グリーントランスフォーメーションは公衆衛生にプラスの影響を与えることができます。

グリーントランスフォーメーション のメリット

グリーントランスフォーメーションは経済成長を刺激し、グリーンテクノロジーや再生可能エネルギー産業、持続可能なインフラストラクチャーにおいて新たな雇用機会を創出できます。

持続可能な慣行を取り入れることで、エネルギー消費の削減、光熱費の削減、廃棄物管理の最適化、運営コストの最小化など、コスト削減や資源効率の改善につながることがよくあります。

グリーントランスフォーメーションのデメリット

持続可能なテクノロジーや慣行の導入には、多額の先行投資が必要な場合があります。

グリーントランスフォーメーションは新たな雇用機会を創出する一方で、従来の慣行に大きく依存している特定の産業や部門では混乱や雇用喪失が生じる可能性があり、それが技能不足にもつながる怖れがあります。

カオピーズは、テクノロジーを通していつでもグリーントランスフォーメーションに対応できます

ベトナムの著名なテクノロジー企業であるカオピーズは、グリーントランスフォーメーションを促進するうえで、テクノロジーの進歩が重要な役割を果たすことを認識しています。イノベーションへの強いコミットメントにより、カオピーズは日本のパートナーと協力し、持続可能性の促進を目的とした数々のプロジェクトを成功させてきました。

カオピーズは、AIやブロックチェーンなどの最先端のテクノロジーに精通しています。システム開発やアプリケーション開発における10年の専門知識を生かし、持続可能な成長を目指すお客様の信頼できるパートナーとなることを目指しています。カオピーズは協業を通じてグリーントランスフォーメーションのアジェンダを推進し、より環境に配慮した未来を形作ることを目的としています。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/04/HP-26.png
ブログ
24.04.09
マイナンバーカード読取 | セキュリティとプライバシーを守る最新技術「カオピーズのマイナンバーカードOCR」の解説
カオピーズのマイナンバーカードOCRは、高精度で迅速な マイナンバーカード読取 ソリューション。革新的なテクノロジーを活用したプライバシー保護に優れ、個人情報の安全な処理と効率的なデータ管理を実現します。無料トライアルでお試しください。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/04/HP-13.jpg
ブログ
24.04.05
ベトナムオフショア開発 | 注意点と評判の良い5社を紹介!
ベトナムオフショア開発 に関する信頼性の高いオフショアベンダーを選ぶ際の重要なポイントと、業界で高い評価を得ている5社をご紹介します。プロジェクト成功に向けての効果的な戦略や信頼性の高いパートナーシップ構築に焦点を当て、ベトナムのオフショア開発市場での成功に必要な情報を提供します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/03/Green-Light.png
ブログ
24.04.01
DXとGXの関係:テクノロジーはどのようにしてグリーンエネルギーへの移行を加速させるのか
テクノロジー DX は GX を通じて持続可能な道へと進む取り組みにおいて、重要な役割を担っています。気候変動が単なる環境問題ではなく、貧困の撲滅という課題と密接に結びついていることは明らかです。本記事では DX と GX の関係について説明します。