オフショア開発

オフショア開発

この様なお悩みはありませんか?

日本のIT業界は、深刻な人材不足と高騰する人件費問題に直面しているのが現状です。今後ともその状況が悪化していく傾向にあるとのこと。一方、新規事業の立ち上げ、現行システムのリニュアル、起業者のアイディア実現など、システム開発のニーズはこれからも増え続けています。

IT人材の採用や、自社のリソースでのシステム開発が段々困難になっていくと予測されています。

そこで、オフショア開発といったものが貴社の一つのソリューションかもしれません

カオピーズがご提供しているオフショア開発サービスを
利用するメリットとして、以下の点が挙げられます。

  • 安価で高品質なシステム開発ができる
  • 速度を落とさずにシステム開発ができる
  • 採用しなくても技術力の高い人材の確保ができる
  • ベトナム、或いは東南アジアへの進出を支援させて頂く

オフショア開発と言えば、これまで失敗事例に遭遇した方もいるかもしれません。そもそもオフショア開発において、すぐメリットが出ることは、それほど多くありません。最終的に成功に導いた多くの企業様は、オフショア開発を一つの事業として中長期的なビジョンを持ち、オフショア開発チームの指導者をアサインし、オフショア開発の発注先と一緒に成長しています。

オフショア開発だからと言って、外注先に任せきるのではなく、一緒に真剣に業務を遂行していくことが何よりも重要 です。

カオピーズでは、同業界の色々な失敗事例から学び、下記の取り組みを
実施することで、お客様のオフショア開発事業を成功させていきます。

全社の技術力向上

  • • 創業者メンバ-のハノイ工科大学の人脈による優秀学生層の採用
  • • ICT専門学科専攻の有名大学からの採用
  • • 社内の技術研修、OJTの定期実施
  • • 技術向上のための勉強会:1回/週

コミュニケーション力向上

  • • ブリッジSEはいずれも日本留学や日系法人で働いた経験があり、高いシステム設計能力及び日本語能力を備えている。
  • • 社内定期日本語研修制度の充実(週3回以上)
  • • 日本ビジネス習慣、品質・納期・セキュリティの厳守意識の教育(月1回以上)

離職率の減少

  • ・社員が常に楽しみながら、意識を高く仕事をするため、福利厚生の向上だけでなく、交流会、セミナー、スポーツサークルなどの活動の充実に注力
  • ・全員が一つの大部屋で仕事を行い、社員がだれでもいつでも自分の発想、悩みを述べられ、上司と部下との壁を無くすような、フラット社風
  • ・会社の利益をばかり追求するのではなく、社員一人ひとりの成長も大事にし、キャリアーパス形成やそれを実現するための支援も徹底

品質・納期管理の徹底

  • • ソフトウェア開発における日本の品質管理基準の理解&実践
  • • 2017年10月にISO 9001:2015(品質マネージメントシステム)認証を取得済み
  • • PMP資格取得者:5名
  • • 定例会義実施や最新ツールの導入による進捗管理による納期の厳守

セキュリティ管理の徹底

  • • 監視カメラ・防犯カメラの設置
  • • 指紋認証による入退室管理
  • • 重要な情報の取り扱いの教育実施

カオピーズが提供しているオフショア開発サービスを導入頂く場合、
案件によって最適な形態をご提案いたします。

案件によって選べるオフショア開発

要件のヒアリング

1
  • ・オフショア開発の経験が少ないが、ノウ ハウを積み重ねたい
  • ・優秀な人材を確保し中長期的に開発したい
  • ・要件定義、設計書が確定していない
  • ・複数の案件に人材を併用したい

ラボ型開発

一定の開発量がある場合は 必要スキルを持ち合わせた メンバーを選定し固定配備 して開発

2
  • ・仕様、UIデザインが既に確定している
  • ・納期が決まっており、直ぐにでも案件を 進めたい
  • ・オフショア開発チームと一緒に仕事する リソースが全くない

請負型開発

お客様の要件定義が確定している 場合は内容を確認し、必要に応じ たメンバー編成で開発

3
  • ・大規模の案件や上流工程の作業で頻繁的な コミュニケーションが必要
  • ・セキュリティの要求が高い

常駐型開発

コミュニケーション頻度やセキュリティが高い開発案件の場合、お客様のオフィスで常駐しての開発