オフショア開発に関するご質問

Q

オフショア開発は初めてですが、うまくいきますか。

A

オフショア開発を始めて行う場合には、いろいろなご心配があると思います。たとえば、英語を使わなければならないのではないか、仕様変更をすると大幅に費用が要求されるのではないか、品質が良くないのではないか、納期が守られないのではないか、などなど。

弊社は、日本法人がありますので、まずはご相談ください。日本人と日本語を話すベトナム人スタッフが対応致します。そして、御社のオフショア開発が成功を収めるように計画致します。


Q

オフショア開発は、仕様変更での価格アップが不安ですが、大丈夫ですか?

A

仕様変更時には、価格の変更をお願いしております。しかし、この様な仕様変更をできるだけ少なくするために、弊社では開発当初にプロトタイプを作成するなど、御社の要求仕様が決定してから開発に着手するように努めております。こうすることで、仕様変更による追加費用が発生しないように努めております。


Q

オフショア開発は、日本語での対応は可能ですか?

A

弊社ではオフショア開発を行う際には、日本語が堪能なエンジニアをブリッジSEとして担当させます。従いまして、実務はすべて日本語で対応ください。仕様書などの書類、打合せはもちろん、弊社からご提出する成果物も日本語でご提出いたします。なお、ご要求によりまして、英語での対応もできます。


Q

システムの仕様が明確に決まっていなくても発注できますか?

A

はい、ラボ契約で開発を進めながら仕様を固めていくことができます。不明確な情報量にもよりますが、Q&Aが頻繁に発生することを想定ください。
弊社では、お客様に要求仕様をお決め頂いてから開発を始める請負型とアジャイル開発(注2)を行うことができるラボ型とでプロジェクトを進めることができます。ラボ型の場合、開発当初に仕様がすべて決まっていなくても、開発を進めながら仕様を固めていくことができます。
プルプロジェクトは、開発が始まると弊社のプロジェクトマネージャが進捗を管理し、状況を逐次ご報告します。

  • 業務システム
  • WEBシステム
  • モバイルアプリ
  • ゲーム
  • AI
  • ブロックチェーン

素晴らしいアイディアをITで実現しませんか?

カオピーズにお任せください!

  • 100件以上の開発実績
  • 25社の日本企業様と取引中
  • ベトナムのトップレベルのエンジニア
  • 日本語力が堪能

平均40%のコスト削減を実現

よくあるご質問