/images/news/kaopiz-news-cover.png
NEWS
在庫管理システムを構築するには | 2024 年最新の解説
calendar
2024.02.09
repeat
2024.02.15

在庫管理システムを構築するには | 2024 年最新の解説

グローバル化によって、エンドユーザーはどこからでも商品を購入でき、数日以内に玄関先まで配達してもらえるようになりました。そのような状況において、サプライチェーンは迅速かつシームレスでなければなりません。どのタイミングにおいても、サプライチェーンの効率は在庫管理に左右されます。サプライチェーンのさまざまな工程で入出荷による在庫が十分に管理されていれば、エンドユーザーの在庫要望を満たすうえで複雑な問題は起こらないでしょう。 しかし、在庫管理は、もはや紙の上や雑多なスプレッドシートでは処理できる作業ではありません。そこで「 在庫管理システム 」と呼ばれる新しい技術的ソリューションが、倉庫や製造拠点、小売店など、あらゆる場所で大量の在庫を管理する優れた機能として注目を集めています。

目次

在庫管理システムとは

その名が示すように、在庫管理システムは倉庫など保管を目的とした場所でのあらゆる在庫の動きを追跡する技術的なツールです。在庫レベルや売上、注文、配送をさまざまなステークホルダー間で完全に追跡します。それによって、各商品単位での追跡やシステムへの入力が可能になります。在庫不足は顧客離れにつながり、売上が減少してしまうでしょう。また、過剰在庫によって、不要な商品を確保しておく費用が発生する恐れがあります。在庫管理ソフトウェアを利用することで、両方の状況を回避できるようになります。

 在庫管理システムとは何か?

倉庫や小売店、製造拠点、集積所など何であれ、在庫管理ソフトウェアは商品追跡の精度を高め、必要なときに即座に情報を表示します。店舗のオーナーは、特定の商品が在庫切れになりそうなタイミングを知ることができます。このようなシステムがあれば、さまざまな商品の有効期限を追跡し、それに応じたインテリジェントな意思決定をしやすくなるでしょう。

※関連記事:システム開発 V字モデル

在庫管理システム | 利用するメリット

大量の在庫を管理し、商品一つひとつを追跡する機能により、在庫追跡システムはあらゆる業界の状況でその存在感を高めています。このようなソフトウェアを業務に使用することで、次のようなメリットが得られます。

保管の一元化

複数の場所や倉庫に保管されている在庫の管理は難しいかもしれません。同時に、正しい商品を顧客に配送することはさらに複雑になります。在庫管理システムによって商品の場所や数量についてすべてを知ることができ、正しい商品を顧客に早急に届けることが可能です。

販売効率の向上

在庫管理システムのソフトウェアは商品の在庫状況を完全に追跡して、在庫切れになりそうな商品があれば通知を出します。この情報により、店舗のオーナーは在庫不足や過剰在庫に直面することなく、常に顧客の要望を満たすことが可能です。

発注回数の調整

適切な発注回数にすることで店舗における在庫不足や過剰在庫を防止できるため、どのような業界でも事業収益を大幅に向上させることが可能です。在庫管理システムによって商品の在庫状況が通知されるため、倉庫や店舗など、いかなる場所でも同じメリットが保証されます。

自動化の導入

自動在庫追跡システムを導入することで、在庫や納期、発注回数、商品の不足、請求、出荷の詳細などを手作業で確認せずにすみます。これによって多くの時間を節約できるだけでなく、エラーやミスの可能性も減らすことが可能です。

正確な計画と予測

在庫追跡システムは、商品の将来の需要を予測し、事前にスマートな意思決定をするのに役立ちます。近いうちに商品の需要が増えるという予測があれば、その商品の在庫を確保しておくことができます。その逆の場合も同じであり、売れ行きの悪い商品は入荷を控えることも可能です。優れた在庫管理ツールは、少なくとも1つの統合分析ツールを備えており、特定の商品の市場での需要を知るのに役立ちます。

顧客満足度の向上

在庫管理システムは、さまざまな方法で顧客満足度を高めるうえで非常に重要です。第一に、顧客の要望を満たす在庫を常に確保できます。第二に、商品の正確な納期を伝えることが可能です。それ以外にも、顧客が注文処理を完全に追跡できるため、ビジネスにおける信頼性を高めることが可能です。

エラーと不一致の減少

人間はエラーやミスを回避できませんが、ソフトウェアや機械なら可能です。在庫管理アプリは、計算や更新、在庫アラームなどの基本的なミスの防止に役立ちます。これにより、サプライチェーン全体の効率が向上します。

在庫管理システム | ユーザビリティを高める機能

在庫管理ソフトウェアの機能によって、システムの全体的なユーザビリティと機能性が決定します。あるソフトウェアが他のソフトウェアよりも優れている唯一の理由は、そのソフトウェアが機能を持っているからです。

 在庫管理システムのユーザビリティを高める機能

再注文アラート 在庫管理システムは倉庫にある商品の数量を追跡し、在庫切れになる前に発注するよう責任者にアラームを出します。
在庫リスト 在庫管理システムはコストや在庫状況、SKUなどの情報を同期させることで、在庫管理の向上に役立ちます。同時に、顧客に提供できる代替商品を追加することもできます。
資産追跡 この機能は、在庫の所有者が倉庫や店舗内の商品を追跡するのに役立ちます。バーコードや追跡番号、製造番号、または無線周波数を用いて追跡が行われます。
レポートツール レポートツールは、ステークホルダーがさまざまなレポートを作成・共有するのに役立ちます。注文履歴や取引レポート、在庫報告書などの作成が可能です。
在庫予測 その名前が示す通り、この機能によって在庫を適正な量に保ち、在庫の不足や過剰を回避し、企業の収益性や生産性への悪影響を防止できます。
バーコードスキャナー バーコードのスキャンにより、倉庫や小売店の在庫を常に数えることができるため、オーナーは商品が在庫切れになりそうなタイミングを把握できます。
会計ツール 間接費の配分やコストの積み上げ・開示・測定など、さまざまな作業に向けた会計ツールも在庫管理ソリューションに統合されています。
原材料の追跡 このユニークな機能は、製造現場での原材料の入手可能性にのみ対応しています。人件費を削減し、代替品や原材料の発注に関する決定を下すのに役立ちます。
再注文の自動化 この機能を用いることで、店舗や倉庫のオーナーは最低在庫数を設定できるようになります。数量がその最低在庫数に達すると、再注文が自動的に行われます。
複数ロケーション対応 優れた在庫管理ソフトウェアは、複数のロケーションにある店舗や倉庫の在庫を管理する機能を備えています。
ERP統合 最新の在庫管理ソリューションは、ERP統合のオプションも提供しています。この統合により、異なるプログラムにデータを再入力する必要がなくなり、多くの時間を節約できます。
棚やコンテナの追跡 在庫管理ソリューションによって、常に在庫数が把握できるだけでなく、大きな倉庫にある在庫の正確な場所まで知ることができます。
リアルタイム追跡 複数の倉庫に在庫を出し入れしながら在庫を追跡するには、時間と労力がかかります。しかし、最新のソリューションによって、数分以内に完璧な在庫管理を行うことができます。
有効期限の追跡 有効期限は在庫管理と大きな関係があります。そのため、スマートなソフトウェアは有効期限までも追跡します。オーナーは商品の有効期限が切れそうなときに通知を受けるため、それに従った決定が可能です。
物流の追跡 輸送分析と追跡を含むサードパーティ機能の統合は、在庫管理ソフトウェアの新しい機能です。在庫の正確な位置や、物流過程で輸送中の場合の到着予定時刻を知るのに役立ちます。

在庫管理システムの種類

ビジネスによって好みやニーズは異なります。これらの好みやニーズを満たすため、在庫管理システムや在庫管理ソフトウェアには数多くの種類があります。ここでは、さまざまな種類の企業で使用されている主な3種類の在庫追跡システムを紹介します。

手動在庫管理システム

手作業による在庫管理システムが導入されており、テクノロジーの導入は最小限にとどめられています。在庫追跡の作業はすべて人間が手作業で行います。物流量が手作業で数えられているため、ミスが発生する可能性が非常に高いです。現在、中小企業や地元企業では、手作業による在庫管理システムに依存しています。と言うのも、管理すべき物流が少なく、人間の労働力でも容易に作業ができるからです。また、この規模ではヒューマンエラーのほうが、自動在庫管理システムよりも扱いが容易です。

※関連記事:システム開発 では要件定義が重要ポイント

永久在庫管理システム

この完全自動化した在庫管理システムは、取引ごとに在庫のコストと在庫レベルを追跡します。商品に関連するコストは、商品のライフサイクルフェーズに合わせて自動的に更新されます。永久在庫管理システムは、在庫品や保管場所、売れ行きが悪い商品、有効期限などあらゆることを記録して、最適な再注文レベルを維持します。そのため、店舗のオーナーは常に十分な在庫の所持が可能です。大企業は日々膨大な量の在庫取引を行っており、その過程でいかなるエラーも許されないため、永久在庫管理システムを使用しています。

定期 在庫管理システム

定期在庫管理システムは、手作業と永久在庫管理システムの中間に位置しており、効率的な在庫管理を目的として両方の手法を取り入れています。この在庫管理は主に、売れる商品を仕入れているのがオーナーのみである企業で採用されています。実地棚卸は、企業の必要性に応じて毎週、毎月、または毎年行われます。在庫は取引ごとや商品ごとに追跡されるわけではないため、間違いが発生する可能性が非常に高いです。同時に、在庫の動きも効率的には追跡されないため、売上原価(COGS)の計算が難しくなります。

在庫管理システムに統合された最新の技術的トレンド

在庫管理ソフトウェアによって、企業が物流を扱い、物流の出入りを完全に記録しておく方法がすでに再構築されてきました。しかし、その進歩は止まる気配はありません。新しい技術トレンドによりシステムがめまぐるしく進化しており、ユーザーエクスペリエンスはさらに向上しています。以下の技術的トレンドが、在庫管理ソフトウェアの機能をさらに再定義する中核です。

人工知能

商品の将来の需要を予測したうえでの意思決定は画期的な発想であり、売上の向上に有効です。これは、人工知能によって可能になります。人工知能は過去の商品データに基づいて、その商品の市場における需要を大まかに推定します。同時に、在庫切れにならないようにするため、人工知能は商品が店舗のオーナーが設定した最低在庫数に達するたびに自動的に発注をかけます。

機械学習

人間による反復作業は多くの時間を浪費し、作業中にエラーが発生する可能性が高まります。そのため、機械学習機能を備えた在庫追跡システムによって、作業が非常に効率的に行われるようになります。機械学習を使用することで、顧客は音声検索で商品を探し出すことができ、将来の在庫ニーズを予測することも可能です。同時に、サプライチェーンに何らかの混乱が生じた場合、ステークホルダーに自動的に通知されます。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは分散型プラットフォームです。ブロックチェーンにより、システムにアップロードされた情報にかたよりがなく、特定のステークホルダーに編集されないようになります。すべてのデータが正確で、ステークホルダー全員に合意されていなければならないため、在庫追跡システムの信頼性が高まります。さらに、ブロックチェーンを用いることで、倉庫や製造業者、生産現場、サプライヤー、小売業者が連携してリアルタイムの情報を共有することも可能です。

ドローン

最新の在庫管理ソフトウェアはドローンと統合可能であり、それによって作業がより簡単になります。ドローンを使って倉庫のさまざまな場所に眠る在庫をスキャンし、その情報を管理ソフトウェアに送信できます。同時に、物流の数量・品質検査も在庫管理ソフトによって容易に実施が可能です。

在庫管理システムの開発ライフサイクル

在庫管理ソフトウェアの効率は、その開発プロセスに大きく依存します。在庫管理ソフトウェア開発プロジェクトの主なステップは以下の通りです。

 在庫管理システムの開発ライフサイクル

要件を理解する

まずは在庫管理ソフトウェアに関する要件を明確にしなければなりません。前述したように、すべてのビジネスには特定のニーズと要件があり、在庫管理システムもそれに応じて設計されています。在庫管理システムがソフトウェアのみになるのか、バーコードやRFIDに対応すべきなのか理解する必要があります。また、ERPやCRM、会計システムとの統合などの必要性がある場合も考慮しなければなりません。

プロジェクト計画

ライフサイクル中の重要なマイルストーンを達成できるように、プロジェクトの青写真を描かなければなりません。プロジェクトの青写真には、プロジェクトにおいて想定されるリスク、目的、KPI、緩和策、期待される成果に関するすべての情報も記載する必要があります。プロジェクト中に使用される技術に関する計画、コストの評価と内訳、予想されるプロジェクトのタイムフレームについても、この段階で話し合いが持たれます。

在庫システムの開発

プロジェクトの中核となる、開発が行われる段階です。そのためには、ソフトウェアを構築するためのコーディングや技術的な作業をすべて行うソフトウェア開発パートナーを雇わなければなりません。開発パートナーはプロトタイプを開発し、レビューのために提出します。各ステークホルダーがプロトタイプを合格と認めた後、開発チームはコーディング作業を続け、ソフトウェアのバックエンドを構築します。ソフトウェアの開発後に行われるのが、品質分析チームによるテストです。最終的な成果物にバグがなく、その機能が最大限に発揮されるかどうかが検証されます。

サードパーティとの統合

サードパーティとの統合によって、在庫管理ソフトウェアの使いやすさは一段階上のレベルへと高まります。倉庫がすでに既存のソフトウェアやアプリケーション、ERP、CRM、会計システムなどで稼働している場合、それらのシステムを新しい在庫管理ソフトウェアへ統合することが可能です。このソフトウェア統合により、倉庫のオーナーはビッグデータの場所を次々と移動させる必要がなくなります。そのため、さまざまな作業の負担が大幅に軽減されるでしょう。

ソフトウェアの展開

これで、倉庫や店舗にソフトウェアを展開する準備が整いました。バックアップとデータ復旧の手順を確実なものにするために最初に行われるのがソフトウェアの設定です。要件を満たしたソフトウェアは、企業の本番環境での試験運用の段階に入ります。ソフトウェアが期待された性能と結果を達成した場合は、恒久的な機能としてシステムに展開されます。

ユーザーの教育

ソフトウェアがシステムに導入された場合、ステークホルダーはソフトウェアの知識を身につけなければなりません。そのため、各ソフトウェアユーザーが新しいシステムを使用し、新しい情報を適時に更新できるよう教育を受けます。これにより、ソフトウェアの機能が企業内で十分に活用されるようになるでしょう。

立ち上げ後のサポートとメンテナンス

ソフトウェアの展開はソフトウェア開発の一部に過ぎません。なぜなら、立ち上げ後のサポートやメンテナンスも必要だからです。ユーザーから不具合が報告されたり、機能が期待通りに動作しなかったりした場合は、改善のために各開発チームに伝えなければなりません。

在庫管理システムの技術スタック

技術スタックは、あらゆるソフトウェアやシステムの重要な要素であり、あらゆる特性や機能を実現するものです。開発チームと協力しながら、ソフトウェアに適したテクノロジーを選ぶ必要があります。

プログラミング言語 PHP、Python、JavaScript、Ruby
フレームワーク Symfony、Laravel、Ruby on Rails、Django, Flask
データベース MongoDB、MySQL、PostgreSQL
サーバー Apache HTTPサーバー、Nginx
クラウドサーバー DigitalOceanクラウドサービス、Linode、Amazon Web Services、Vultr、Microsoft Azure

在庫管理ソフトウェア開発にかかるコスト

ビジネスは利益を生み出すためのものです。この種のソフトウェアを導入する一方で、導入のコストは依然として大きな懸念事項です。在庫追跡システムやどのようなソフトウェアにも特別な価格を付けることはできませんが、いくつかの要素によってコストが決まります。

 在庫管理ソフトウェア開発にかかるコスト

これらの要素を確かめなければなりません。それによって、開発チームはコストの見積額を伝えることができます。これらの要素を見てみましょう。
機能の数が増えるにつれて、ソフトウェア開発のコストも増加します。
機能の種類と複雑さによって、ソフトウェア開発のコストの見積額が決まります。
開発チームの国は、サービスの時間あたりの料金について多くを主張するでしょう。
ソフトウェアの開発パートナーが必要とする時間によって最終的なコストは増減します。
ソフトウェアで実現したいデザインも開発コストに影響を与えます。
長期的なアフターサポートやメンテナンスを選ぶのであれば、その費用も請求書に加算されるでしょう。
サードパーティへの統合をアプリに望む場合も、ソフトウェア開発のコストが変わってきます。

これまで見てきたように、ソフトウェアのコストは複数の要因に左右されます。しかし、平均して在庫管理システムのコストは月額150ドル(約20,000円)であり、年間100万ドル(約1億4,800万円)以上になる可能性もあります。

※参考:ソフトウェア開発における主要なプログラミング言語について解説

カオピーズは開発パートナーとして、最高の選択肢を提供します。

弊社カオピーズは10年以上の専門知識を持って、ソフトウェアアプリケーションやWebサイトを作成してきました。そして、弊社はソフトウェア開発分野では名だたる企業です。現在、テクノロジー関連の専門知識を持つ300人以上の開発者が在籍しています。高度な日本語スキルを持つ経験豊富な開発者が多数おりますので、御社のプロジェクトを安心してお任せください。 さらに、弊社は多岐にわたるテクノロジーに取り組んでいるため、お客様はすべてのソリューションを一度に得ることができます。弊社は10年以上の経験の中で、他社に引けを取らないさまざまなソフトウェアを作成してきました。そのため、ソフトウェアの品質や機能を損なわずに、コストを削減できる主要な部分を認識しています。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/02/HP-13-3.png
ブログ
24.02.26
販売管理システム開発|メリットや機能、コストについて解説
販売管理システム への投資は、販売チームとビジネス全体をサポートする最善の方法のひとつです。販売管理システムは、販売CRMと呼ばれることもあり、販売プロセスを通じて従業員をサポートし、ビジネスの製品やサービスを販売しやすくするように設計されています。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/02/HP-8-1.jpg
ブログ
24.02.22
POSシステムを開発するには?カオピーズをパートナーとしてお選びください
今日では POSシステム が今日と明日の業務記録を適切に維持するために不可欠となっています。現代の小売業のほとんどがこのトレンドを取り入れており、小売業者や消費者、製造業者は喜んでこのトレンドに従っています。本記事では、POSシステムの開発について説明します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/02/HP-10.jpg
ブログ
24.02.15
画像から文字を抽出する方法は?文字抽出の仕組みツール選びのポイントを解説
画像から文字を抽出する技術のことをOCRと言います。OCR技術を活用することで、jpgやpng、PDFなどの画像ファイルからテキストだけを抽出し、テキストデータとして保存・管理することが可能です。OCRの機能やメリット・デメリット、仕組みなどを紹介します。