【社内活動】カオピーズの自発的献血活動2021年

カオピーズは、2021年12月11日(土)、ハノイ本社でベトナムの中央血液学・輸血研究所と協力して全従業員を対象とした自発的献血活動を行いました。40人以上の従業員が参加し35名が献血することができました。

Kaopiz-blood-donation-activity-2021

2021年は1年を通じて、コロナ過により献血活動のスケジュールはキャンセルされたため、全国で治療のための血液不足が頻繁に発生していることが知られております。中央血液学・輸血研究所にて保管している血液の備蓄は、数千単位の血液しか保持出来ていないこともありました。この記録的な少なさにはとても驚かされます。血液備蓄がほぼ枯渇している状況の改善に少しでも助力するため中央血液学・輸血研究所の呼びかけに応えて、カオピーズは献血運動を行いました。

Kaopiz-blood-donation-activity-2021

今回の献血活動は、より多くの患者を救うためにより多くの力を迅速に提供するために、熱心なKaopiz-ersが参加しました。

Kaopiz-blood-donation-activity-2021

中央血液学・輸血研究所の医者たちから「ありがとう」という感謝の言葉を頂き、大変嬉しかったです。この活動に参加してくれた従業員たちへの感謝と同時に、今後も有益なボランティア活動を行っていきたいと考えています。

自発的献血活動は創業以来、社会活動の一環として毎年行われ、新型コロナウィルスの影響が出ている今年も大勢の従業員が協力してくれました。この活動は、カオピーズの特徴的な文化で伝統として育んでいくために、今後も継続していきます。