hero-image
NEWS
LMSとは?5つの主要機能と導入のメリット、選び方について徹底解説
calendar
2024.07.08
repeat
2024.07.08

LMSとは?5つの主要機能と導入のメリット、選び方について徹底解説

LMSとは?5つの主要機能と導入のメリット、選び方について徹底解説

近年、急速なデジタル化への対応とグローバル競争力の強化のため、企業における教育・研修制度の改革が不可欠となっています。

しかし、従来の研修方法では、時間とコストの制約、人材不足、効果測定の難しさなど、多くの課題を抱えていました。そこで注目を集めているのがLMSです。

本記事では、LMSの概要、機能、メリット、自社に合った選び方について詳しく解説します。

目次

LMSとは?

LMSの概要説明

LMSは、Learning Management System(学習管理システム)の略称で、オンラインでの教育や研修を管理・運営するためのプラットフォームです。

教材の配布、課題提出、試験実施、進捗管理などの機能を備え、教育機関や企業が効率的に学習活動をサポートできます。

利用者はいつでもどこでもアクセス可能で、個々の学習進度に合わせた指導が可能となります。

LMSが求められる背景

インターネットの普及前は、教育コンテンツをCDやDVDで配布していましたが、受講後の学習進捗を把握できず、受講者のモチベーション維持が難しいという課題がありました。

しかし、インターネットの普及により、オンラインでの教材公開が可能となり、リアルタイムでの進捗把握や双方向のコミュニケーションが実現。これにより、受講者のモチベーションを高め、より効果的な学習支援が可能となりました。

LMSの5つの主要機能

 LMS の5つの主要機能

LMSの主要機能は、大きく以下の5つに分類されます。

eラーニング機能

LMSのeラーニング機能により、動画やテキスト、資料など多様な形式の教材を配信できます。章やセクションに教材を分けることで体系的な学習をサポートし、受講者の学習スタイルに合わせた多彩な学習方法に対応可能です。

さらに、学習進捗状況をリアルタイムで追跡し、受講者に適切なフィードバックを提供できます。

管理機能

LMSの管理機能は、ユーザーアカウントの管理、受講者の登録、ロール権限の設定を容易に行うことができます。

さらに、学習コースの管理、教材のアップロード、スケジュールの設定などの教育運営に必要な機能を一元的に扱います。

テストやアンケートの実施、成績の管理を行い、レポート作成や分析、共有も管理機能を通じて行うことができます。

アンケート・レポート機能

LMSのアンケート・レポート機能を利用すると、学習内容に関連するアンケートを作成、配布、回収が行えます。これにより、受講者からのフィードバックを効果的に集めることが可能です。

集められたデータは分析され、学習効果の測定や更なる教育プログラムの改善のために活用されます。この機能は、教材や研修プログラムの質を向上させるための重要な手段となります。

教材作成機能

LMSでは、テキストエディタやプレゼンテーションツールを使用してオリジナルの学習教材を作成することができます。これにより、教育者は具体的な教育目的に合わせたカスタマイズされた教材を提供することが可能です。

また、動画や音声教材の作成をサポートするツールも備わっており、多様なメディアを通じて、より効果的で魅力的な学習体験を提供できます。

研修管理機能

LMSの研修管理機能は、対面研修の日程管理、申込受付、出席管理など、研修の運営を円滑に行うための包括的なサポートを提供します。この機能により、研修の計画から実施、評価までのプロセスが一元的に管理されます。

また、研修資料の配布やアンケートの実施、参加者の評価管理もシステムを通じて効率的に行うことが可能です。

さらに、研修効果を測定し、そのデータを分析して報告する機能も含まれており、教育プログラムの効果を定量的に評価し、継続的な改善へとつなげることができます。

LMS導入のメリット

 LMS 導入のメリット

LMSを導入することで、以下3つのメリットが期待できます。

受講者

受講者は、時間や場所の制約を受けずに自由に学習を進めることができます。スマートフォンやタブレットなど、様々なデバイスを利用してアクセスし、どこにいても学習を続けることが可能です。

また、学習履歴を振り返ることで自身の進捗を確認し、講師や他の受講者との交流を通じて学びを深めることができます。これらの機能により、受講者のモチベーションを維持しやすくし、効率的な学習環境を提供します。

講師・研修担当者

講師や研修担当者にとって、LMSは学習教材の作成や配信を効率化し、教育プロセスを大幅に改善します。受講者の学習状況をリアルタイムで把握できるため、個々の進捗に合わせたサポートが可能です。

また、効果測定機能を利用して研修プログラムの成果を評価し、必要に応じて改善を行うことができます。さらに、LMSを通じた受講者とのコミュニケーションが容易になり、事務的な作業も削減されるため、講師は教育内容により集中できるようになります。

管理者

管理者にとって、LMSは教育および研修関連のコスト削減に大きく貢献します。教育の質を高め、コンプライアンス関連のトレーニングも効率的に実施できるため、法規遵守の確保が容易になります。

さらに、LMSを利用することで人材育成を体系的に進めることが可能となり、組織全体の学習文化の醸成を促進します。これらの要素が、組織の持続的な成長と発展を支える重要な役割を果たします。

自社に合ったLMSの選び方

現在、数多くのLMSが存在するため、自社に合ったLMSを選ぶのは容易ではありません。

そこで、以下では、自社に合ったLMSを選ぶための3つのポイントを紹介します。

導入目的を明確にする

LMSの導入目的を明確にすることは、成功のために不可欠です。目的は多岐にわたり、研修コストの削減、研修効果の向上、学習時間の確保、コンプライアンストレーニングの効率的な実施、人材育成の体系化、組織全体の学習文化の醸成などが含まれます。

これらの目的を事前に明確にすることで、導入後の具体的な要求に合ったLMSの機能や規模を選定しやすくなり、導入の効果を最大限に引き出すことが可能になります。

予算を把握する

LMS導入には、初期費用とランニングコストの両方が必要です。初期費用には、ライセンス料、導入コンサルティング料、システム構築費が含まれます。

一方、ランニングコストにはホスティング費、保守管理費、サポート費などが必要です。導入を検討する際には、これらのコストを総合的に考慮し、自社の予算内で実現可能な範囲を明確にすることが重要です。

適切な予算の把握は、LMSの効果的な運用と持続可能性を保証するための基盤となります。

規模や利用形態を考慮する

LMSを選定する際には、規模や利用形態を慎重に考慮することが必要です。

例えば、同時接続者数や年間利用者数に基づいてシステムのキャパシティを予測し、それに適したプラットフォームを選ぶ必要があります。

また、導入の種類にはオンプレミス型、クラウド型、SaaS型などがあり、各々にメリットとデメリットが存在します。

自社のITインフラや運用方針、予算といった要因を総合的に評価し、自社のニーズに最も合致するLMSの形態を選択することが、効率的で持続可能な学習管理システムの構築に繋がります。

LMS導入の成功事例

カオピーズは、大学、学校、塾などの教育機関向けに、学習進捗と成績管理をサポートする学習管理システムを多く開発してきました。

これにより、生徒の学習履歴や成績情報を一元管理し、教職員が各生徒の学習状況を詳細かつ迅速に把握できるようになりました。

その結果、個別指導やきめ細やかな学習支援を提供することが可能となり、教育の質の向上に貢献しています。

※関連記事:教育業界のDX|カオピーズのITソリューションによる革新

顧客環境に即したLMS開発ならカオピーズへ

カオピーズは、ベトナムを拠点とするオフショア開発企業として、これまで数多くのクライアントから高い評価をいただいてきました。

日本との時差はわずか2時間と短く、スムーズなコミュニケーションとタイムリーな対応が可能。加えて、オフショア開発ならでは人件費で、高品質なソフトウェア開発をコスト効率良く実現します。

教育DXの推進においても以下の特徴を活かし、お客様のニーズに柔軟に対応いたします。

  • カスタマイズ可能なソリューション
    各教育機関のニーズに応じた柔軟かつカスタマイズ可能なソリューションを提供します。顧客の要望を正確に理解し、最適なシステムを開発します。
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
    直感的に操作できるデザインで、教職員や生徒、保護者にもストレスなく利用していただけます。
  • 高度なセキュリティ機能
    最新のセキュリティ技術を導入し、プライバシー保護とセキュリティを最優先に考え、ユーザーのデータを確実に守ります。
  • 継続的なサポートとアップデート
    導入後も継続的なサポートを行い、システムのアップデートや改善を通じてサービスの品質向上を図ります。

カオピーズは、お客様のニーズに最適なLMS開発を、高品質かつコスト効率良くご提供いたします。教育DXを成功に導くため、ぜひお気軽にご相談ください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/Thumbnail_EduDX.png
ブログ
24.07.22
教育DX|新時代の教育改革
この記事では、教育にDX(デジタルトランフォーメーション)を導入し得られるメリットと直面する課題を見て、DX推進で可能になった教育改革の現状について触れます。政DX推進が、教育の構造に何の変化をもたらすのか、アウトラインを俯瞰します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/IoT教育とは.png
ブログ
24.07.19
IoT教育とは|IoTが教育にもたらす主なソリューション
この記事ではIoT (Internet of Things, モノのインターネット) が教育にもたらすソリューションについて説明します。IoTと教育を融合させ、先進的なICT技術も活用して学習者の学習体験を向上させることが出来ます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/ICT教育の概観.png
ブログ
24.07.17
ICT教育の概観|定義と事例とメリット・デメリット
本記事では、ICT教育の概要と教育業界に寄与するアドバンテージなどについて紹介します。ICT技術の導入により、どのような教育の問題が解決する可能性があるのか、今後の教育はどのような形態になるのか、掘り下げて説明を行います。