/images/news/kaopiz-news-cover.png
NEWS
手書き文字データ化 | 方法とメリット・デメリットについて徹底解説
calendar
2024.01.01
repeat
2024.01.09

手書き文字データ化 | 方法とメリット・デメリットについて徹底解説

手書き文字データ化 に時間と労力がかかっているけど、どのように自動化すれば良いか分からない担当者の方も多いでしょう。OCR技術を活用すれば、手間を大幅に削減することが可能です。

本記事では、手書き文字のデータ化のための手法とOCR技術の活用について詳しく解説。さらに、OCR技術の種類と、メリットとデメリットについても深掘りしていきます。
最後まで読むことで、手書き文字のデータ化に関する具体的な手法が理解でき、どの手法が担当業務に最適かを判断するための知識が手に入ります。

目次

手書きの文字をデータ化するには?

ここからは、手書き文字をデータ化する方法である、手書きの文字を手動で入力する方法とOCRを活用する方法について詳しく解説します。 読むことで、手書き文字をデータ化する業務の効率化へのヒントを得られるでしょう。

 手書き の文字を OCR データ化するには?

手書きの文字を手動で入力する

紙媒体などの文章から必要な情報をパソコンなどに直接入力することを指します。
手動で入力するメリットは、個人による手書き文字の癖を入力担当者が理解し、精度高くデータ化できる点です。

ただし、大量の文書を扱う際には時間がかかり、労力も必要となり、入力時に誤入力する可能性もあります。

OCR を活用する

OCR(Optical Character Recognition/Reader)は、紙の書類に記載された手書き文字をデータ化する技術です。

従来は、手書きの書類をデータ化するためには、人手で文字を入力する必要がありました。しかし、OCRを活用することで、手動入力作業を自動化することができます。

また、OCRを活用することで、紙の書類をデジタルデータに変換し、データベースやシステムに保存することができます。データ化することで、紙の書類を探す手間などを省くことが可能です。

OCRにはどんな種類がある?

紙の書類に記載された文字をデータ化するOCRには、一般的なOCRとAI-OCRの2種類があります。
それぞれの特徴についてわかりやすく解説します。

 OCR にはどんな種類がある?

一般的なOCR

OCRの特徴は、大きく分けて以下の2つです。

⓵文字を自動でデータ化できる
OCRを導入することで、紙の書類をデータ入力する手間がなくなり、業務の効率化を図ることができます。特に、請求書や領収書などの大量の書類を扱う業務では、大きな効果が期待できます。

⓶文字の種類を問わずにデータ化できる
OCRは、手書き文字だけでなく、活字や印刷文字などもデータ化することができます。これにより、さまざまな種類の紙の書類をデータ化することが可能です。
OCRは、業務効率化やデータ活用の促進に効果的な技術と言えるでしょう。

AI-OCR

AI-OCRとは、AI(人工知能)技術を活用したOCRです。OCRの文字認識機能にAIを組み合わせることで、従来のOCRよりもさまざまな機能を持っています。
AI-OCRの特徴は、大きく分けて以下の3つです。

⓵高い文字認識率
AI-OCRは、ビッグデータや機械学習の活用によって、従来のOCRよりも高い文字認識率を実現しています。これにより、手書き文字や汚れや折れ曲がりのある書類でも、高い精度で文字を認識することが可能です。

⓶さまざまな書類に対応
AI-OCRは、従来のOCRよりもさまざまな書類に対応しています。これは、AIが書類のレイアウトや文字の特徴を学習することで、書類の種類に応じた文字認識を行うことができるためです。

⓷データの活用を促進
AI-OCRは、文字認識したデータをそのまま活用できるだけでなく、データの集計や加工などの機能を備えているものもあります。これにより、データの活用を促進し、業務の効率化や意思決定の改善に役立てることが可能です。

AI-OCRを活用することで、データ処理のスピードと質の向上に期待ができます。
請求書や名刺情報、運転免許証などの紙の書類をデータ化で業務効率化を図りたいとお考えの方は、ぜひこの機会にカオピーズのAI-OCR製品であるKaopiz OCRをご検討ください。

Kaopiz OCRは、運転免許書、パスポート、領収証、在留カードなどの様々な書類の画像から、AIとOCR技術により簡単・正確・高速で情報を読み取り、データ化することが出来る画像認識のAIモデルの総称です。

2024年1月15日から2月14日まで30%OFFキャンペーンを実施しておりますので、この 機会にぜひご利用ください。

手書き 文字の OCR データ化によるメリット

ここからは、OCRによってデータ化をするメリットについて解説します。

 手書き 文字の OCR データ化によるメリット

入力作業の効率向上

OCR技術の導入により、手書き文字の入力作業は劇的に効率化されます。

例えば、膨大な量の書類を瞬時にデジタル化できるため、従来の手動入力にかかる時間が大幅に削減されます。これにより、業務におけるプロセスがスムーズになり、従業員はより重要な業務に集中できるようになります。

OCRは、時間の節約と効率の向上に直接貢献する強力なツールと言えるでしょう。

人件費の削減と業務品質の向上

OCR技術を利用することで、人件費を削減し、同時に業務品質を向上させられます。

例えば、大量の書類を迅速にデータ化することで、時間とコストを節約し、手作業によるエラーも減少します。これにより、企業はリソースをより戦略的な業務に再配分でき、全体的な業務効率と品質が向上するのです。

OCRの導入は、コスト削減と業務改善の両面でビジネスに大きなメリットをもたらします。

データの検索効率の向上

OCRデータ化により、データの検索効率が大幅に向上します。手書き文書をデジタル化することで、テキストベースの検索が可能になり、必要な情報を迅速に見つけ出すことができるようになります。

例えば、大量の書類から特定のキーワードやフレーズを瞬時に探し出すことが可能になり、時間の節約と業務の効率化につながります。このように、OCRは情報管理とアクセスのスピードを革新的に改善します。

手書き文字のOCRデータ化によるデメリット

さまざまなメリットがある一方、OCRにはデメリットもあります。

文字識字率が100%ではない

OCR技術は画期的ですが、100%の文字識別率を保証するものではありません。特に、手書きや劣化した文書では、文字が正確に読み取られないことがあります。

しかし、この問題はOCRソフトウェアの進化やAIの統合によって徐々に改善されています。また、AI-OCRでは、誤認識されたデータを手動で修正することにより、システムが学習し精度を向上させることが可能です。

Kaopiz OCRは、手書き文字の識別において91%以上の読み取り精度があります。

スキャンがずれてしまうと読み取れない場合がある

OCR技術では、スキャンのずれにより正確な読み取りが難しい場合があります。特に、曲がったり折れたりした書類は、文字の識別を困難にします。

しかし、スキャンの品質を向上させることや、AI-OCRのような進化した技術を使用することで、この問題は緩和されます。

例えば、Kaopiz OCRは、書類の画像データに余分なものが映り込んだり、横向きにスキャンされたりした場合でも、対象の書類を正面からスキャンできるような技術を有しています。

周辺システムとの連携が複雑

OCRデータ化は業務効率を高めるものの、周辺システムとの統合には複雑性が伴います。

通常、OCRツールを利用して複数のシステム間でデータを共有する際、互換性の問題に直面することがあります。さらに、OCRツール提供会社の中には、システム統合をサポートしていない企業もあります。

カオピーズはOCRソリューションにとどまらず、周辺システムの開発も含めた包括的なサービスを提供し、シームレスなシステム統合を可能にします。

手書き 文字をデータ化するには、カオピーズのYomokkaがおすすめ

手書き文字のデータ化を実現するカオピーズのYomokkaを活用することで、業務効率を最大限に高められます。

AI-OCR Yomokkaの特徴

Yomokkaは、汎用から特化型エンジンまで、あらゆる書類と画像の読み取りに対応し、複数のフォーマットでの一括データ化を可能にします。

キーワードに基づく読み取り精度は業界トップクラスで、手書き文字や多様なフォント、スマートフォンで撮影した画像からの読み取りも可能です。

さらに、カスタマイズによる専用エンジン開発も行い、お客様のニーズに合わせたサービスを提供します。

AI-OCR領域におけるカオピーズの強み

株式会社カオピーズは、AI開発で培ってきた技術力を活かし、幅広い書類に対応する高精度なAI-OCRを開発しています。

また、Yomokkaは、ベトナム政府主催の「Make in Vietnam 2023」のトップ10優秀技術ソリューションに選出されるなど、国内外で高い評価を受けています。

カオピーズは、今後もAI-OCRの技術革新を進め、より高精度で使いやすい製品の開発に取り組んでいきます。

ベトナムの開発会社カオピーズを選ぶ理由

カオピーズはOCRソリューション提供にとどまらず、システム統合の複雑さを解消する包括的なサービスを提供します。

多くの企業は、ITシステムの開発や改善において、質とコストのバランスに悩んでいます。

ベトナムのカオピーズは、ITスキルが高く、日本とのコミュニケーションもスムーズに行える人材を有しています。さらに、開発費用の抑制と高品質なサービスを両立することが可能です。

なお、カオピーズのメリットについては「ソフトウエア開発会社ならカオピーズ|ベトナムの開発会社を選ぶ6つのメリットも解説」にて詳細を解説しているので、あわせてご覧ください。

まとめ

カオピーズは、AI開発で培った画像解析技術と研究開発経験を活かし、幅広い書類に対応する高精度なAI-OCRを開発しています。

また、システム統合の複雑さを解消する包括的なサービスを提供しており、費用対効果と品質の高さを両立させることが可能です。

企業のITシステム開発において、以下の課題を抱えている場合は、カオピーズに問い合わせることをおすすめします。

・OCRソリューションの導入を検討している
・システム統合を検討している
・費用対効果と品質の高さを両立させたい

興味を持たれた方や具体的な相談をしたい方は、カオピーズの公式サイトよりお気軽に問い合わせてください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/04/HP-26.png
ブログ
24.04.09
マイナンバーカード読取 | セキュリティとプライバシーを守る最新技術「カオピーズのマイナンバーカードOCR」の解説
カオピーズのマイナンバーカードOCRは、高精度で迅速な マイナンバーカード読取 ソリューション。革新的なテクノロジーを活用したプライバシー保護に優れ、個人情報の安全な処理と効率的なデータ管理を実現します。無料トライアルでお試しください。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/04/HP-13.jpg
ブログ
24.04.05
ベトナムオフショア開発 | 注意点と評判の良い5社を紹介!
ベトナムオフショア開発 に関する信頼性の高いオフショアベンダーを選ぶ際の重要なポイントと、業界で高い評価を得ている5社をご紹介します。プロジェクト成功に向けての効果的な戦略や信頼性の高いパートナーシップ構築に焦点を当て、ベトナムのオフショア開発市場での成功に必要な情報を提供します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/03/HP-18.png
ブログ
24.04.03
グリーントランスフォーメーション|歴史や最近のトレンド、メリット、デメリットについて解説
グリーントランスフォーメーション とは、環境的に持続可能な慣行やテクノロジー、政策への包括的な移行のことです。気候変動を緩和し、生態系への影響を低減し、より持続可能な未来を促進することを目的とした、資源消費的で汚染的な慣習からより持続可能で環境に優しい選択肢への移行を伴います。