hero-image
NEWS
【必見】日本システム開発|意味・メリット・企業が知るべきポイント
calendar
2024.07.01
repeat
2024.07.12

【必見】日本システム開発|意味・メリット・企業が知るべきポイント

システム開発とは、ビジネスや生産活動を効率的に行うために、それぞれの課題やニーズに合わせた「システム」を開発するプロセスです。これにより、企業は業務をスムーズに進めることができ、競争力を高めることが可能となります。

テクノロジーの進化に伴い、企業は効率的かつ効果的に業務を遂行するためのシステムを構築する必要があります。世界のビジネスが昔より多忙となり、少子高齢社会で人手不足が叫ばれるいま、日本でシステム開発は現代のビジネスにおいて不可欠なのです。とはいうものの、システム開発は複雑で多岐にわたるプロセスを含むため、成功するためには正しい知識とアプローチが求められます。

本記事では、日本システム開発の基本から最新トレンド、成功するためのステップまでを詳しく解説します。

目次

日本システム開発とは

日本システム開発とは、日本における企業がビジネス活動・生産活動を行う上で、各企業で発生したり介在したりする個別の課題を解決し、業務をスムーズに進めるための「仕組み(=システム)」を開発するプロセスを指します。

日本システム開発とは

具体的に課題として理解できるものとしては、効率良い業務処理、従業員の勤怠管理、または顧客情報の管理など、企業が事業に従事するために直面する、根本的な課題を解決するためのシステムを構築することを意味します。

日本システム開発のメリット

システム開発は、企業の競争力を高めるべく、費用対効果の高い業務運営を実現するために重要です。このことは、テクノロジーが進化し、世界経済のスピードが増すいま 以下に、システム開発がもたらす主要なメリットを3つにまとめて紹介します。

システム開発 のメリット

業務効率の向上とコスト削減

システム開発によって業務プロセスを自動化し、手動作業を減らすことで、生産性が向上します。これにより、従業員はより重要な業務に集中でき、全体の業務効率が向上します。また、自動化によるエラーの減少や、人件費など運用コストの削減も期待できます。

顧客満足度の向上

システム開発は、顧客サービスの質を向上させる手段としても有効です。顧客管理システム(CRM)の導入により、顧客情報を一元管理し、パーソナライズされたサービスを提供することが可能になります。これにより、顧客のニーズに迅速かつ的確に対応でき、顧客満足度の向上が期待できます。

競争力の強化とデータの有効活用

システム開発により、企業は市場の変化や顧客のニーズに迅速に対応できるようになります。アジャイル開発手法や最新技術の導入により、継続的な改善と迅速なリリースが可能になり、競争力を維持・強化することができます。

日本システム開発のプロセス

システム開発は、一般的に以下のプロセスを経て進行します。各段階で綿密に計画し、その計画どおり実行して行くことが成功の鍵となります。

日本システム開発 のプロセス

要件定義

システム開発の最初のステップは、顧客や利害関係者とのコミュニケーションを通じて、システムに求められる機能や要件を明確にすることです。要件定義では、システムが解決すべき課題や目標を理解し、プロジェクトのスコープを確定します。

基本設計

要件定義が確定したあと、システムの基本設計が行われます。基本設計では、システム全体のアーキテクチャや大まかな機能の設計が決定されます。システムの各要素がどのように相互作用し、機能するかを定義し、技術的なアプローチや使用するプラットフォームを選定します。

詳細設計

基本設計が完了すると、詳細設計のフェーズに入ります。詳細設計では、基本設計で決定したシステムの各機能やモジュールの具体的な仕様が設計されます。データベースの設計やインターフェースの詳細、各機能の処理フローなどが詳細に定義されます。

開発

詳細設計が完成したら、実際のシステムの開発作業に着手します。この開発する段階に入れば、プログラミング言語や開発ツールを使用して、前段階の詳細設計に基づいて各機能やモジュールを実装します。アジャイル開発手法を採用する場合には、小さなスプリントを設け、継続的に機能を追加・改善していきます。

テスト

システムが実装され、開発が完了したあと、そのシステムのテストが行われます。テストフェーズでは、機能テスト、統合テスト、システムテストなどの段階を経て、システムが要件を満たし、正しく動作するかどうかを確認します。そのテストフェーズの確認作業は、バグ検査と修正し、パフォーマンスの最適化を目標としています。

デザイン

システムの開発とテストが完了したら、デザインフェーズに進みます。この段階では、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)が設計されます。デザインの目的は、ユーザーが直感的に操作できるような魅力的で使いやすいインターフェースを提供することです。

公開

デザインが確定したら、システムを実際の運用環境に公開します。公開前に、システムの全体像を正確に伝えるコンテンツを作成し、サイトマップを更新して検索エンジンに通知します。

運用・保守

システムが稼働し始めたら、定期的な運用保守が行われます。運用保守では、システムの安定性を維持し、必要に応じてメンテナンスやバージョンアップを実施します。また、ユーザーからのフィードバックを受けて改善を行い、長期的な利用価値を提供します。

※関連記事:システム開発とは | システム開発における工程と注意ポイント【最新情報】

日本システム開発の費用相場

システム開発の費用は、プロジェクトの規模や要件、使用する技術などによって大きく異なりますが、一般的な相場を以下に示します。

  • 小規模プロジェクト(個人や小規模企業向け): 数十万円から数百万円程度
  • 中規模プロジェクト(中小企業向け): 数百万円から数千万円程度
  • 大規模プロジェクト(大企業や複雑なシステム): 数千万円から数億円以上

これらの価格帯は、開発にかかる人件費、技術の高度化や専門性、プロジェクトの期間、利用するインフラやツールの違いによって大きく変動します。また、特定の業界やニーズに特化したカスタマイズが必要な場合、さらにコストが増すことがあります。

最新のシステム開発トレンド

現代のシステム開発では、技術の進歩とビジネスの要求に応じて、以下のトレンドが注目されています。

最新の システム開発 トレンド

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、リソースの柔軟性と拡張性を提供し、多くの企業が選択するインフラストラクチャの形態となっています。

AIと機械学習の活用技術

AIと機械学習技術は、データ駆動の意思決定を支援し、自動化されたプロセスを実現するために広く活用されています。

アジャイル開発

アジャイル開発手法は、変化するビジネス環境に迅速に対応し、品質の高いソフトウェアを効率的に提供するための方法論として広く採用されています。

DevOps

DevOpsは、開発と運用の間の壁を取り除き、継続的なソフトウェアデリバリーと運用の自動化を実現する文化とプラクティスです。

※関連記事:システム開発 V字モデル

システム開発の具体例

システム開発にはさまざまな種類があり、それぞれ異なる目的やニーズに応じたアプローチが取られます。以下は主なシステム開発の種類です。

業務システム開発:企業の業務プロセスをサポートするシステム

カオピーズが開発した駅の業務管理システムは駅の業務管理が効率化され、作業の進捗がリアルタイムで把握でき、従業員とのコミュニケーションもスムーズになります。

Webシステム開発:インターネットに基づくシステム機能の開発

カオピーズが開発した賃貸物件の検索システムは、主に学生や社会人を対象とし、使いやすいインターフェースで賃貸物件の検索を可能にします。ユーザーは地域、家賃、間取りなどの条件で物件を検索し、詳細情報を閲覧できます。これにより、賃貸物件の検索が迅速かつ効率的に行え、ユーザーの満足度が高まります。

モバイルアプリ開発:スマートフォンやタブレット向けのアプリケーション開発

「My Kaopiz」はすべてのオフィスサービスをスマートフォンに統合し、特にカオピーズと企業間の便利なコミュニケーションチャネルを提供することを目的として開発されました。主な機能には、出退勤管理と届出申請、ニュースの継続的な更新、社内研修の申請と自動出席登録、コーススケジュールの自動通知などです。アプリの導入で、社内の勤怠管理、業務管理の効果が向上しつつあります。

※参考:システム開発の事例

システム開発会社を依頼するときの注意ポイント

システム開発を外注する際には、適切なパートナー選びがプロジェクトの成功に大きく影響します。以下のポイントを考慮することで、最適な外注先を見つける手助けとなるでしょう。

専門性の深さと経験の豊富さ
良い外注先は、豊富な専門知識と実績を持っています。過去の類似プロジェクトの成功事例や業界での評判を調査し、技術的な理解と実践経験が豊富かどうかを確認しなければなりません。

開発プロセスとメソッド
外注先の採用する開発プロセスやメソッドが、お客様のプロジェクトに適しているかを確認します。アジャイル、ウォーターフォールなどの適切な開発手法が選択され、進捗管理やコミュニケーションが効果的に行われるかを確認します。

コストと予算管理
適切なコストと予算管理が、プロジェクトの成功に直結します。見積もりの透明性と、追加費用が発生した場合の説明と合意があるかを確認し、予算オーバーのリスクを最小限に抑えましょう。

システム開発とプログラミングの違い

「システム開発」と「プログラミング」は、ITプロジェクトにおける重要な役割を担いますが、それぞれ異なる役割と専門知識を必要とします。システム開発はプロジェクト全体を管理し、設計から運用までの一連のプロセスを含みます。これには要件定義、設計、実装、テスト、そして運用のフェーズが含まれ、総合的なプロジェクトの成功を担保します。

一方、プログラミングはその中で具体的な機能を実装する技術的な作業を担います。これは主にコードの記述やデバッグ、機能の実装などを指し、システム開発の一部としての具体的な技術的実装です。

これらの違いを理解し、適切に管理することで、プロジェクトの成功を確実にします。システム開発者とプログラマーが連携し、各々の専門性を活かして、効果的なITソリューションを提供することが重要です。

このように、システム開発とプログラミングは相補的な役割を持ち、協力してプロジェクトの成功に向けて進めていくことが求められます。

まとめ

株式会社カオピーズは、2014年9月に創業後、今年で10周年を迎えます。弊社は豊富な経験と高品質なサービスを提供しております。お客様のご要望を丁寧にヒアリングし、最適な開発基盤、プロセス、体制を提案し、合意の上でシステム開発を実施します。

このような高度な技術力と丁寧なサポートでこそ、カオピーズは多くの企業様の信頼を得ております。また、高度な日本語運用能力を持つスタッフおよびブリッジSEが、鋭意開発に取り組みます。もし、システム開発に関する課題やご要望がございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/Thumbnail_EduDX.png
ブログ
24.07.22
教育DX|新時代の教育改革
この記事では、教育にDX(デジタルトランフォーメーション)を導入し得られるメリットと直面する課題を見て、DX推進で可能になった教育改革の現状について触れます。政DX推進が、教育の構造に何の変化をもたらすのか、アウトラインを俯瞰します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/IoT教育とは.png
ブログ
24.07.19
IoT教育とは|IoTが教育にもたらす主なソリューション
この記事ではIoT (Internet of Things, モノのインターネット) が教育にもたらすソリューションについて説明します。IoTと教育を融合させ、先進的なICT技術も活用して学習者の学習体験を向上させることが出来ます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/ICT教育の概観.png
ブログ
24.07.17
ICT教育の概観|定義と事例とメリット・デメリット
本記事では、ICT教育の概要と教育業界に寄与するアドバンテージなどについて紹介します。ICT技術の導入により、どのような教育の問題が解決する可能性があるのか、今後の教育はどのような形態になるのか、掘り下げて説明を行います。