Kaopiz Meet、Kaopiz School WEB会議やeラーニングをもっと簡単に

コロナウイルス感染拡大防止の影響により、テレワークを導入する企業は増加している一方でしょう。それに伴いWEB会議ツールの利用も拡大しています。
この状況を踏まえて、弊社ではKaopiz MeetとKaopiz Schoolという、2つのオンラインコミュニケーションツールを開発してみました。本記事では、この2つのツールを紹介します。

Kaopiz Meetとは?

Kaopiz's Meeting Tool

Kaopiz Meet はパソコンでオンラインセミナーやミーティングを開催できるアプリです。

ビデオや音声で通話する機能とグループチャット機能はもちろん、入会の許可やファイル共有の機能も含めて開発しました。挙手、画面共有や通話の録音・録画なども機能として搭載して、色々な書類・目的のミーティングを問題なく実施することができます。

※下記のURLでお試しください。
https://meet.kaopiz.com/

Kaopiz Schoolとは?

Kaopiz's e-learning Tool

Kaopiz Schoolはeラーニングのシステムです。いつでも、どこでもオンラインで学習できます。ビデオ・音声通話だけでなく、共通ノート・ホワイトボードや資料のプレゼンテーションの機能も搭載していて、アクティブラーニングを活用可能です。さらに、上記の機能に限らず「出席管理」や「スケジュール管理」などの機能にオンプレミスで拡張することも可能です。

※下記のURLでお試しください。
https://school.kaopiz.com/

ではKaopiz MeetとKaopiz Schoolの違いは?

Kaopiz MeetとKaopiz Schoolは、どちらも高品質のビデオ通話をサポートするツールであり、小規模から大規模まで、様々な利用状況に対応できます。
Kaopiz Meetは参加者が同等のポジションでやり取りすることができます。出席者が利用できる機能は全員同じです。一方、Kaopiz Schoolには先生の画面と生徒の画面があります。つまり、先生か生徒の立場でやり取りします。先生としては教室の作成・設定できます。授業中はポール作成・画面共有の機能を利用して指図を作って授業を進めます。生徒としては作成済みの教室に入って先生の指図を受けます。
Kaopiz Meet と Kaopiz Schoolを基に、お客様のニーズに見合ったコミュニケーションツールを短期間・低コストで開発することができます。また、オンプレミスのサーバー環境でも、AWSやGoogle Cloudのようなクラウド環境でも簡易に展開可能です。
もしご興味があれば是非一度ご紹介をさせて頂きたいと思います。以下アドレスよりお気軽にお声がけください。

お見積もり・ご相談はこちら