2年連続!カオピーズ ベトナムで名誉あるSao Khue賞を受賞

カオピーズは、2020年5月16日にベトナムでSao Khue賞を、ITサービス部門を受賞しました。2019年に初めて同賞を頂き、2年連続での受賞ということで、従業員一同大変嬉しく思っています。

Sao Khue(日本語で“斗掻き星”の意)賞とは、年に一度ベトナムの5部門〔ITサービス、製品・ソリューションズ、先端技術応用、スタートアップ、革新的製品・ソリューション〕で最も活躍している企業や個人に贈られます。ベトナム情報通信省と科学技術省の傘下であるベトナムソフトウェア協会(VINASA)の主催で、2003年より行われている権威あるアワードです。

授与式は通常、Tuoi tre劇場で行われ、ベトナム最王手公共テレビ局の1つであるVTCで生中継されます。しかし、今回は世界中で新型コロナウイルス感染拡大が続けている中で、バーチャルスタジオにて授与式が開催されました。

Kaopiz's Sao Khue award 2020
 

受賞当日の様子

2014年9月に創業して6年目を迎えたカオピーズは、現在ベトナム本社に約150名、日本法人に17名の体制を構えています。「品質」「コスト」「スピード」を全部成し遂げるオフショア開発サービスを提供し、毎年平均60%以上で売上が伸びています。現在は数多くの日本企業と取引させて頂いています。
技術力、日本語でのコミュニケーション力は常にベトナムの最高クラスにある点で誇りを持っています。

今後ともオフショア開発事業を主軸に、AIやブロックチェーンの先端技術を活用したソリューションや製品の研究開発に注力していきたいと考えております。