2019年10月22日(火)、ベトナム・ダナン市で「2019年度ベトナムIT企業トップ50+10」の表彰式がベトナムソフトウェアITサービス協会(VINASA)により開催されました。カオピーズは厳しい審査を通過し、今回の表彰式で初めてベトナムのIT企業トップ50の1社と認定されました。

Kaopiz_Vietnam's 50+10 leading IT companies 2019

株式会社カオピーズソフトウェアのCEO レ バン ホアンが「2019年度ベトナムIT企業トップ50+10」認定を受領

「ベトナムIT企業 トップ50+10」とは、2014年から年に一度、ベトナムにおけるIT企業のトップ50+10社を選択、表彰し、ベトナム企業と国内外のパートナー企業の協業を拡大することなどを目的として、VINASA主催により行われているものです。

2018年に新しい項目を追加する上で、「ベトナムIT企業 トップ50+10社」に改名されました。その中に「50社」は① BPO、ITアウトソーシング、KPO ② ITソフト、レソリューション、サービス ③ モバイル向けのデジタルコンテンツ、アプリケーション、レソリューション、「10社」は ④「インダストリー4.0技術を応用するトップ企業」、4つのIT分野で表彰されています。

カオピーズは業務システムとWebシステムの受託開発を中心に、モバイルアプリやゲームアプリの開発、人工知能(AI)やブロックチェーンなど先端技術の提供など、幅広い分野でオフショア開発を展開しています。

ベトナム本社に約130名、日本法人に10名在籍する従業員の平均年齢は25.5歳。売上の伸びに応じて採用数を増やしており、1年前の50名から2倍以上に増えていることからも分かるように、非常に勢いのある成長著しい会社です。社内の雰囲気は家族的で、チーム内での助け合いや社内での情報共有を積極的に行っています。社員同士のコミュニケーションも活発で、一人一人が楽しみながらモチベーション高く働いているため、離職率もベトナム平均の3分の1と低いのが当社の特長です。

また、AIやブロックチェーンなど先端技術の開発にも積極的で、画像認識技術を活用した文字認識システムと顔認識システムを独自開発しました。中でも文字認識システムは、AIとOCR技術を組み合わせることで、名刺や運転免許証などに記載されているデータを、書類のフォーマットにかかわらずデータベース化するもので、業務提携し数社に技術提供しています。こうした先端技術を、オフショアでリーズナブルに提供できるのが当社の強みです。

VINASAが発行した「Vietnam’s 50+10 leading IT companies」書籍に掲載されたカオピーズの情報

創業5周年を記念する2019年に、この賞をいただくことができまして至極光栄です。
また、同年の4月に名誉あるSao Khue賞も受賞することができ、大成功の年になりました。今後ともオフショア開発事業を主軸に、AIやブロックチェーンの先端技術を活用したソリューションや製品の研究開発に注力していきたいと考えております。
よろしくお願いいたします!