hero-image
NEWS
生産管理システムとは?製造業の中小企業が導入するメリットを解説
calendar
2024.05.10
repeat
2024.05.23

生産管理システムとは?製造業の中小企業が導入するメリットを解説

「生産管理システムって何?」
「中小企業の製造業者がシステムを導入するメリットは?」
このように、生産管理システムについて気になっていませんか?

生産管理システムとは?

生産管理システムは製造業におけるさまざまな業務を効率化させるツールで、納期の遅延防止や製造の無駄を省くことができます。しかし、システムの選び方に失敗すると、多くのコストがかかったり、運用に失敗したりする可能性があります。

システムの導入は、自社に合うものを選ぶことが大切です。
こちらの記事では、生産管理システムの詳細や中小企業の製造業者におけるメリット・デメリット、システムの選び方を解説しています。

目次

生産管理システムとは?

生産管理システムとは、製造業のさまざまな業務を効率的に管理するためのツールです。
たとえば、生産計画、在庫管理、品質管理、原価管理、スケジューリングなどの機能が含まれて、各業務を最適化することが可能です。

生産管理システムとは

とくに、中小企業などリソースが限られている場所での導入が推奨され、在庫コストの削減、生産性の向上、業務の可視化や情報共有が可能になります。

そのため、生産管理システムを導入することで、在庫の過剰や不足を防ぎつつ、生産工程の無駄を減らすことが期待できます。

関連記事:生産管理とは?主な業務や課題、改善方法、生産管理システムについて解説

中小企業の製造業向けの生産管理システム

中小企業の製造業では、リソースが少ないことが一般的です。

そのため、生産プロセスを最適化して無駄な工程をなくし、製品の生産性を向上させるシステムが適しています。たとえば、システムの導入で在庫の多さや在庫の回転期間を最適化させ、過剰在庫や在庫不足を防ぎ、在庫のコストを最小限に抑えることが可能です。

また、中小企業では小ロットの受注生産に応じたり、異なる製品を製造することによる変量生産といったケースに対応したりすることも少なくありません。

生産のたびに仕様設計を変更する必要があるため、仕様変更に対応しやすい生産システムが望ましいです。

中小企業の製造業向け!生産管理システムの導入メリット

中小企業の製造業者が生産管理システムを導入するメリットには、以下があります。
・納期の遅延を防止しやすい
・過剰生産や生産不足を防止できる
・製造状況を常に管理できる
それぞれ詳しく解説します。

中小企業の製造業者が生産管理システムを導入するメリット

メリット① 納期の遅延を防止しやすい

中小企業の製造業者の場合、納期の遅延を防止しやすいのがシステム導入のメリットです。

生産管理システムは、製品の製造における各業務をリアルタイムでモニタリングして製品の生産スケジュールを管理・調整することが可能です。

生産スケジュールを調整することで、材料の調達から製品の移動まで、すべてのプロセスにおいて生産計画を細かく策定できます。さらに、資材の発注漏れや誤発注を回避でき、柔軟に代替案へ切り替えるという仕組みも構築できます。

製造業は生産が遅れて納期がずれるケースが少なくありませんが、生産管理システムを導入すれば納期がずれるリスクを減らすことが可能です。

メリット② 過剰生産や生産不足を防止できる

中小企業の製造業者が生産システムを導入すると、過剰生産や生産不足を防止できるのもメリットです。

生産管理システムを利用すれば、材料や製品の在庫状況をリアルタイムで把握することができます。現場の生産能力も把握できるので、過去のデータをもとに、生産スケジュールや発注量を自動的に調整することが可能です。

そのため、ほとんど手間をかけずに製品の作りすぎを防ぐとともに、製品の生産不足を防止できます。在庫を保管するための大きな倉庫を確保する必要もありません。

メリット③ 製造状況を常に管理できる

製造状況を常に管理できるのも、中小企業の製造業者システムを導入するメリットです。

生産管理システムは、製品を製造する過程をすべて24時間リアルタイムで監視できます。そのため、製造でトラブルが発生した場合でも、迅速に対応することが可能です。

たとえば、生産ラインの遅延や停止などが発生した場合にすぐに通知を受け取れるので、現場スタッフに状況報告してもらう必要がありません。

素早い意思決定が可能になり、迅速な対処をすることで製造スケジュールの遅れを最小限に抑えられます。

生産管理システムを導入するデメリットはある?

中小企業の製造業者が生産管理システムを導入するデメリットには、主に以下があります。
・コストがかかる
・運用に失敗する可能性がある
・業務負担が増える可能性がある
・システム上の在庫と合わないことがある

生産管理システムを導入して運用していくためには、通常は導入コスト以外にも運用コストがかかります。現場の要望に合わせる場合、追加機能の実装にコストがかかることもあります。

システムを導入しても操作が複雑すぎたり、現場スタッフがうまくシステムを活用できなかったりして、運用に失敗する可能性があるのもデメリットです。

また、生産管理システムを導入・運用するうえで、大量のデータ入力が発生したりシステム連携に調整を行ったり、現場の負担が増加するケースもあります。

そのほか、システムのデータベースは、数字を元に算出された「理論在庫」がベースです。場合によっては実際の在庫とシステム上の在庫が合わないこともあり、製造ラインに影響が出るリスクがあるのもデメリットのひとつです。

製造業向けの生産管理システムを選ぶときのポイント

製造業者が生産管理システムを選ぶときは、次の3つのポイントがあります。
・中小企業・製造業に適している機能がある
・高い費用対効果が期待できる
・クラウド型とオンプレミス型を検討する
それぞれ詳しく解説します。

製造業向けの生産管理システムを選ぶときのポイント

ポイント① 中小企業・製造業に適している機能がある

生産管理システムは、中小企業向け・製造業者向けの機能がついているものを選びましょう。

中小企業の製造業者の多くは、小ロット受注生産、および多種多様な製品の製造に対応する必要があります。

より柔軟な生産計画と効率的な材料管理が求められるため、たとえば所要量計算やMRPシステムなどの機能は必要性が低く、操作も複雑なため、あえて非搭載のシステムを選ぶのも選択肢のひとつです。

また、システムのなかには自動車部品業務向けや金属加工向けなど、特定の業種に絞ったものもあるので、自社の規模感や業務などに合うシステムを選ぶことが大切です。

ポイント② 高い費用対効果が期待できる

費用対効果を考慮してシステムを選ぶのも大切です。
生産管理システムによって導入時のコストや運用コストは異なります。システム導入によりどの程度の効果が見込めるのか、事前に念入りにシミュレーションしておくことが大切です。

また、あらかじめ自社の予算の上限を決めておくことで、システム導入に失敗するリスクを減らすことができます。

ポイント③ クラウド型とオンプレミス型を検討する

生産管理システムには、大きく分けてクラウド型とオンプレミス型の2種類があります。

クラウド型とは、インターネット上でサービスを利用できるタイプのシステムです。初期コストを抑えやすく、拡張性が高いという特徴があります。

一方、オンプレミス型とは、自社サーバーにソフトをインストールして利用するタイプのシステムです。既存のシステムと連携を持たせられる一方で、サーバーを自社で設置・管理しないといけないなどのデメリットがあります。

クラウド型とオンプレミス型、それぞれのメリット・デメリットがあるので、どちらのタイプが自社に合うかしっかりと検討しましょう。

生産管理システムはパッケージよりスクラッチ開発がおすすめ

生産管理システムを導入するなら、パッケージよりもスクラッチ開発をおすすめします。

生産管理システムはスクラッチ開発がおすすめ

パッケージとは製品化されたシステムのことで、標準的な業務に合わせて作られています。初期費用が安くてすぐに導入できるのがメリットですが、使い方や機能はシステムに依存するのがデメリットです。

業務形態や生産工程に関して、基本的にシステム側に合わせなければなりません。
一方、スクラッチ開発とは自社の業務に合わせて、独自開発するシステムのことです。自社に最適なシステムをオーダーメイドで導入でき、自社独自の工程や業務にも合わせられます。

初期費用が高く、開発・導入までに時間がかかるものの、生産管理システムを現場に導入しやすいので、システム導入後に運用に失敗するリスクが少ないです。
コストパフォーマンスを最大化するためにも、スクラッチ開発をおすすめします。

生産管理システムの導入はカオピーズにお任せください

生産管理システムの導入はカオピーズにお任せください。
カオピーズは、完全日本向のシステム開発を行うシステム開発会社です。システム開発の実績は500件以上あり、多くのお客様から評価いただいています。

製造業の生産管理システムの開発実績もあり、過去には工場生産ラインの進行管理システムを開発しました。月次生産計画のデータ入力機能など、クライアントさまのご要望に応じた機能を実装いたします。

「コスト」「スピード」「品質」を成し遂げるシステム開発サービスを提供していますので、まずはご希望や費用感などをお気軽にお聞かせください。

まとめ

生産管理システムとは、製造業におけるさまざまな業務を効率化させるツールです。
システムを導入することで、生産計画や在庫管理、品質管理などの各業務を最適化でき、納期の遅延防止や製品の過剰生産や不足を防げるのがメリットです。

しかし、自社に適している機能があるかどうか、また費用対効果をしっかりと見極めないと、コストばかりかかって運用に失敗する可能性もあります。

コストパフォーマンスを最大化するなら、生産管理システムの導入はカオピーズにお任せください。スクラッチ開発によって、クライアントさまのご希望に合わせたオーダーメイドのシステムを提供いたします。
まずはご希望の機能やお悩みをお聞かせください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-33.png
ブログ
24.05.28
業務効率化のアイデア5選!業務の無駄をなくす方法をわかりやすく解説
業務効率化 とは、業務の無駄・無理・ムラをなくすこと。業務効率化させるとコスト削減や従業員のモチベーションアップ、利益向上が期待できます。具体的な業務効率化のアイデアとして、アウトソーシングや単純作業の自動化、生産管理システムの導入などがあげられます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-32.png
ブログ
24.05.23
製造業DX | 2024年に業界を変革するトップ5 ITトレンド
製造業DX の2024年の最新トレンドをご紹介します。デジタル化、人工知能(AI)、ロボティクス、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、クラウドコンピューティングの5つのトレンドを探ります。競争力の維持と現在の課題の克服に向け、最新の製造業技術トレンドを把握しましょう。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-16-1.jpg
ブログ
24.05.09
生産管理とは?主な業務や課題、改善方法、生産管理システムについて解説
生産管理 は生産計画に基づく業務全般を管理することです。生産管理の業務内容(仕事内容)には受注管理や生産計画、購買・調達、工程管理などがあります。生産管理にはさまざまな課題が起きるため、課題を解決し生産管理を効率化させるためには生産管理システムの導入が必要です。