hero-image
NEWS
生産管理とは?主な業務や課題、改善方法、生産管理システムについて解説
calendar
2024.05.09
repeat
2024.05.23

生産管理とは?主な業務や課題、改善方法、生産管理システムについて解説

「 生産管理 って何?」
「生産管理の業務内容や課題の改善方法は?」

このように、生産管理について気になっていませんか?

生産管理は生産計画に基づく業務全般を管理することで、具体的な業務には受注管理や生産計画、工程管理などがあります。

生産管理 | 主な業務や課題、改善方法について解説

生産管理における課題を改善する方法はさまざまですが、生産管理システムを導入することで、生産管理を効率化させ、自社の利益を最大化させることが可能です。

こちらの記事では、生産管理の詳細やよくある課題とその改善方法、業務を効率化させる方法、生産管理システムについて解説します。

目次

生産管理とは?

生産管理とは、製品の製造において生産計画に基づいた業務全般を管理することです。
受注管理や品質管理、調達、原価管理など全ての業務において、「品質」「コスト」「納期」を適切に管理し、効率的に全工程を進めることを目的とします。

また、生産計画に基づき、「どの製品をいつまでにいくつ製造すべきか」を決定し、それに従って各種業務を進めます。
通常、生産管理が適切に行われれば、製造活動がスムーズに進み、トラブルが少なくなりますが、工程や業務フローが複雑な現場では管理が困難になりやすいです。

生産管理では部門間の協力や理解、共有が重要です。そのため、生産管理の担当者は生産管理システムを導入を検討すると同時に、自社の業務全般の理解が必要です。

生産管理の主な業務・仕事内容

生産管理における主な業務・仕事内容には以下があります。

業務 説明
受注管理 生産計画を行ううえで、顧客情報と受注データなどの情報を整理する
生産計画 受注データに基づき、製品・数・納期などを計画する
工程管理 生産計画に基づいたスケジュールを遵守し、工程の進捗を管理する
品質管理 各工程と製品を管理して品質を保証し、顧客の信頼を維持する
原価管理 製品の原価を把握して比較・分析し、利益を最大化させる

生産管理の主な課題とは?

生産管理には、主に次のような課題があります。
・生産準備を適切に行えていない
・生産作業のレベルや品質を一定に保つのが難しい
・欠陥品が発生する割合が改善できない
・ヒューマンエラーが発生する
・部門間の連携が整っていない
・進捗を正しく把握できていない

これらはあくまでも主な課題に過ぎず、もっと細かく言えば「欠陥品の発見が遅れて次工程に影響がよく生じる」「見えない在庫が多くて実在庫とシステム上の在庫数が合わない」をはじめとする多くの課題があります。

生産管理のよくある課題の改善方法!QCDを向上させる

生産管理におけるよくある課題を改善させるためには、QCDを向上させることです。
QCDとは、「品質(Quality)」「コスト(Cost)」「納期(Delivery)」の頭文字をとった言葉です。

生産管理のよくある課題の改善方法

品質(Quality)は製品の品質だけではなく、製品の品質基準を達成させるための作業品質も該当します。採算管理において品質向上させるためには、作業の標準化や欠陥品の早期発見、検査基準の設定などが大切です。

コスト(Cost)は生産活動に生じる費用を指します。
生産における材料費や人件費といった原価と比較し、予算をオーバーしないように調整する必要があります。さらに、あらかじめ決められている予算内で製品を製造するとともに、顧客により安い価格で製品を提供できるようコスト改善に努めることが重要です。

納期(Delivery)の改善も、生産管理において重要な要素です。生産活動においては、素材や部品の手配納期や製造納期などがあり、納期を遅延するとペナルティが発生することがあります。

全体的な製造工程の進捗を管理するなど納期の課題を改善することが、生産管理全体の向上につながります。

生産管理の目的とは?

生産管理の主な目的は、生産の効率化と自社の利益を最大化させることです。

そのためには、「品質(Q)」「コスト(C)」「納期(D)」の3つを向上・維持させる必要があります。生産管理における課題は、QCDを最適化することで解決させることができ、結果的に業務の効率化や自社の利益の最大化につながります。

しかし、QCDの要素をそれぞれ向上させる必要があるものの、ひとつの要素を向上させると別の要素に新たな課題が発生することも少なくありません。そのため、QCDの3つの要素の優先順位を考え、QCDのバランスを最適化することが大切です。

生産管理 と工程管理の違い

生産管理と似た言葉に「工程管理」があります。工程管理とは、生産管理の一部のことです。

生産活動にはさまざまな工程があり、その業務全般を管理することを「生産管理」と言います。一方、生産活動において生産計画を立てた後、そのスケジュール設定や進捗管理、人員配置などを行うのが「工程管理」です。

生産管理が全体の管理・調整を行うのに対し、工程管理は現場の具体的な実行と効率化に注力するという違いがあります。

生産管理 | 効率化させる方法

生産管理を効率化させる方法には、主に次の3つがあります。
・業務を最適化させる
・業務改善に努める
・PDCAサイクルを回す
・それぞれの方法について詳しく解説します。

業務を最適化させる

業務を最適化させることで、生産管理を効率化させることが可能です。

業務を最適化させるためには、まずは現在の業務フローを詳細に把握することから始めます。業務フローを見直すことで、部門間で異なる管理ツールの使用や非効率な作業が明らかになり、これまで見過ごされがちだった冗長な業務や無駄を発見することが可能です。

たとえば、複数のシステムやフォーマットの非統一により発生する不必要なデータ転記作業を発見し、統一システムを導入して無駄を省くことができます。

このように、業務フローを見直して問題点を洗い出し、業務の定型化や標準化を進めることで、業務の効率を大幅に向上させられます。その結果、生産管理におけるコスト削減や生産性の向上につながります。

業務改善に努める

業務改善に努めるのも、生産管理を効率化させる方法のひとつです。
業務改善に努める方法はさまざまですが、とくに属人化された業務を改善することと、「なくす・減らす・変える」の3点で業務を見直すことが大切です。

属人化された業務をなくすと、業務の透明性が高まり、全員がアクセス可能な情報と手順に基づいて作業を進められるようになります。まずは業務の可視化から始め、業務をマニュアル化して標準化された作業手順を確立させるのが大切です。

また、「なくす・減らす・変える」の3つの視点から業務を見直す必要があります。なくすに該当する業務は、必須ではないのに昔からの名残でやり続けている業務です。

誰も確認しない日誌を作成していればなくすべきですし、毎日チェックが必要であれば、週一や月一にしてまとめて行うことで業務を効率化できます。非効率な業務は業務システムを導入するなど、やり方を変えることも大切です。

PDCAサイクルを回す

PDCAサイクルを回すことも、生産管理の効率化には欠かせません。
PDCAサイクルとは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(確認)」「Act(改善)」の4つの段階を繰り返すことです。

まず「Plan」で具体的な目標とそれを達成するための計画を立てます。次に「Do」で計画を実行し、「Check」で実行結果を評価して予定とのギャップや改善点を明確にします。

最後に、得られたフィードバックを基にして、「Act」で業務プロセスを改善し、次のサイクルへの改善点を反映させるという流れです。

PDCAサイクルを繰り返すことで、生産管理の効率化が期待できます。PDCAサイクルを成功させるためには、各段階で得られるデータとフィードバックを正確に把握し、具体的な数値目標を設定して進めることが重要です。

また、生産管理システムを導入することで、より精密なデータを収集・分析などができ、PDCAサイクルの成果を高めることができます。

生産管理システムとは?

生産管理システムは、生産管理の課題解決や業務の効率化、生産性向上を可能にするツールです。
システムを導入することで、生産管理の全ての業務情報を一元管理するほか、品質・コスト・納期の最適化が期待できます。主な機能には以下があります。
・販売管理(受注・売上)
・部品表管理(BOM管理)
・工程管理
・在庫管理
・発注・仕入れ管理
・原価管理
など

これらの機能を活用することで、製品の納期管理や在庫最適化、コスト削減が可能となり、業務効率を大幅に向上させることが可能です。

また、生産管理システムの導入によって部門間の情報共有が促進されるほか、業務の透明性が向上するといったメリットがあります。情報の一元化により、リアルタイムでのデータアクセスが可能で、仕様変更時の転記ミスや情報漏れも防げます。

関連記事:在庫管理システムを構築するには | 2024 年最新の解説

生産管理システムの導入はカオピーズにお任せください

生産管理システムの導入は、カオピーズにお任せください。
カオピーズは、完全日本向のシステム開発を行うシステム開発会社です。システム開発の実績は500件以上で、多くのお客様から評価いただいています。

過去には、工場生産ラインの進行管理システム​として、月次生産計画のデータ入力や生産計画と納期から出荷の計算など、さまざまな機能を搭載したシステムを開発した実績もあります。

「コスト」「スピード」「品質」を成し遂げるシステム開発サービスを提供していますので、製造業の生産管理でお困りの方は、ぜひ一度当社へご相談ください。

まとめ

生産管理とは製造プロセスにおいて、生産計画に基づく業務全般を管理することです。生産管理には、生産業務の品質を一定に保てていないことやヒューマンエラーが発生するといった課題があります。

よくある課題を改善させ、生産管理を効率化させるためには、生産管理システムの導入をおすすめします。

株式会社カオピーズは、お客様のお悩みや課題を解決する生産管理システムの開発が可能な会社です。システム開発により業務効率化をサポートさせていただきますので、まずは自社の課題感をお聞かせください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-33.png
ブログ
24.05.28
業務効率化のアイデア5選!業務の無駄をなくす方法をわかりやすく解説
業務効率化 とは、業務の無駄・無理・ムラをなくすこと。業務効率化させるとコスト削減や従業員のモチベーションアップ、利益向上が期待できます。具体的な業務効率化のアイデアとして、アウトソーシングや単純作業の自動化、生産管理システムの導入などがあげられます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-32.png
ブログ
24.05.23
製造業DX | 2024年に業界を変革するトップ5 ITトレンド
製造業DX の2024年の最新トレンドをご紹介します。デジタル化、人工知能(AI)、ロボティクス、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、クラウドコンピューティングの5つのトレンドを探ります。競争力の維持と現在の課題の克服に向け、最新の製造業技術トレンドを把握しましょう。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/05/HP-28.png
ブログ
24.05.10
生産管理システムとは?製造業の中小企業が導入するメリットを解説
生産管理システム は業務効率化が可能なツールです。納期の遅延防止や製造の無駄の解消、製造状況を常に把握できるなどのメリットがあります。ただし、選び方に失敗すると費用ばかりかかって運用に失敗する可能性があるため注意が必要です。中小企業 の 製造業 者向けのシステムについて解説