hero-image
NEWS
物流システム|その重要性と仕組みを解説
calendar
2024.07.04
repeat
2024.07.04

物流システム|その重要性と仕組みを解説

サプライチェーンに関して、製品をサプライヤーから顧客に届けるという概念がいくつかあります。一般に物流と呼ばれるこのプロセスは、メーカーやサプライヤーなどから小売店を通じて販売される商品を追跡するものです。顧客に可能な限り最高の体験を提供しながら収益を最大化するには、物流システムを深く理解すると良いでしょう。

本記事では、物流プロセスとは何か、なぜそれが重要なのか、物流の構成要素は何か、サプライチェーンマネジメントとの違いは何かについて説明します。

※関連記事:在庫管理システム開発|効率良い開発方法を解説

目次

物流とは何か?

物流とは、出荷地から消費現場までのサプライチェーンにおける製品やサービス、情報の動きを計画し、実施し、管理するプロセスを指します。さまざまな物流会社が、顧客の物流要件に応じて、サプライチェーン機能の一部または全部を扱っています。

サプライチェーンのこの側面は、製品を購入する際の企業の行動と、それらの製品がどのようにして販売用の製品となるかに焦点を当てています。

物流管理とは何か?

物流管理とは何か?

物流管理は、企業の完成品やサービスの生産から消費に至るまでの日々の活動を効率的に管理することに重点を置いています。物流管理は、顧客のニーズを満たすための計画や、製品を製造・消費するためのリソースの種類を監視するものです。

物流管理の主な目的は、適切な量のリソースを供給すること、あるいはリソースを適切なタイミングでサプライチェーンに投入すること、そして製品が適切な人や場所に良い状態で届けられるようにすることです。

※関連記事:生産管理システム|導入のメリット・デメリットや選び方を解説

なぜ物流管理システムが重要なのか?

シームレスな物流の導入は、顧客の要求に応え、競合会社に打ち勝つために不可欠な要素です。物流が重要な理由は他にもあります。

物流は収益に影響します

物流のすべてが収益に影響を及ぼします。これには、配送料、燃料費、損傷、保管など、製品を顧客に届けるために必要なことすべてが含まれます。製品の損傷を減らし、物流コストを削減できれば、大幅なコスト削減と利益率の向上につながります。そのためには、顧客に販売できる適切な量の製品を確保しながら、配送と流通に最適な価格を支払うことが必要です。

物流はカスタマーエクスペリエンスに影響します

スムーズな物流によって優れたカスタマーサービスが提供可能になり、顧客が必要なときに必要な商品を確実に受け取ることができます。在庫管理のような機能を自動化することで、在庫のある商品と追加注文が必要な商品をより迅速に判断できるようになり、カスタマーエクスペリエンスを向上させることができます。

また、定期的に顧客と最新情報をやりとりし、注文状況をフィードバックして知らせることも重要です。追跡番号を送信して、顧客に注文の追跡を促すこともできます。配送に時間がかかることが多い注文については、最初からその旨を顧客に知らせることも可能です。配送や物流についてありのままを伝えれば、顧客の満足と関心を保てるでしょう。

物流の構成要素

物流には、以下の業務機能の一部またはすべてが含まれます。

インバウンド輸送

インバウンド輸送とは、サプライヤーから企業まで商品や材料を移動することです。これには、生産に使用される部品や原材料の出荷、保管、流通などの活動が含まれます。また、在庫の追跡、材料の調達、サプライヤーから顧客の倉庫、店舗、製造工場への商品の移動の最適化なども含まれます。

アウトバウンド輸送

アウトバウンド輸送とは、企業から顧客またはエンドユーザーへの完成品の流れのことです。この活動には、顧客サービスや流通経路が含まれます。例えば、企業の営業部門が顧客から注文を受けた場合、在庫を確認して製品のストックがあることを確認し、注文品を倉庫に送って梱包し、顧客に配送します。

倉庫管理

倉庫保管とは、所定のエリアや建物内に商品、在庫、情報を安全に保管することを指します。これは、商品の製造や輸出、輸入、輸送を行う企業のほとんどに必要なことです。倉庫は系統立てて、製品を安全かつ確実に保管します。そのため、企業は商品の所在、保管期間、到着日、入手可能な数量を追跡できます。

Eコマースでは、顧客が企業のWebサイトを通じて注文するまで商品は倉庫に保管されており、その後、顧客に直接商品を発送します。従来の小売業では、実店舗に配送する前に倉庫に商品を保管することもあります。

物流の構成要素

フリートマネジメント

フリートマネジメントとは、商用車や自家用車、航空機、船舶、鉄道の管理を指します。車両の融資やリース、ライセンスやコンプライアンス、車両のメンテナンス、事故管理、サプライチェーン管理などさまざまな機能が含まれます。

効率的なフリートマネジメントにより、事業を輸送に依存している企業は、車両投資に伴うリスクを軽減または排除できます。これによって効率性と生産性が向上し、全体的な人件費と輸送費が削減され、政府規制の遵守が実現します。

フルフィルメント

フルフィルメントとは、商品を保管し、注文品を梱包し、顧客に商品を配送するプロセスのことです。広義には、顧客が発注した瞬間から、その注文を受けるまでの活動がフルフィルメントに含まれます。フルフィルメントを自社で行う場合もあれば、フルフィルメントパートナーに委託する場合もあります。

自社フルフィルメントとは、企業が自社で倉庫や出荷業務を管理することであり、通常は自社の従業員や設備、施設を使用します。これは、大手の企業や、事業運営を完全に管理したい企業に最適です。それと比べて、フルフィルメント委託では、企業がフルフィルメントを実行するためにサードパーティのフルフィルメントプロバイダーに依頼します。これは、フルフィルメント機能を社内で扱わずに時間を節約したい企業にとって最適です。

在庫管理

在庫とは、企業が利益を得るために顧客に販売しようとする商品や材料のことです。サプライチェーンの重要な構成要素である在庫管理では、企業の製造工場から倉庫、そしてこれらの施設から販売時点までの在庫を追跡します。

在庫管理の主な目的は、適切な商品や材料を揃えることです。これには、注文のタイミングや個数、保管場所の決定を含めた在庫の可視化が必要です。在庫管理の基本的なステップは以下の通りです。

  1. 在庫の購入:企業が部品や原材料を購入し、倉庫に輸送することです。
  2. 在庫の保管:企業が必要な物品を必要になるまで保管することです。原材料や完成品を倉庫、その他の物理的な場所に保管します。
  3. 在庫からの収益:企業が販売する商品を管理することです。これには、発注を遂行するために完成品を払い出し、顧客に製品を納品することが含まれます。

マテリアルハンドリング

マテリアルハンドリングとは、倉庫や保管エリア内での商品や材料の移動を指します。手動、半自動、または自動化されたシステムや機器を使用します。製造や倉庫保管、流通の各段階を通じて、商品の保管や保護、管理を考慮することが重要です。

需要計画

需要計画とは、製品の迅速かつ確実な供給を確保するための需要予測プロセスです。効果的な需要計画ならば、企業の収益予測の精度を向上させ、特定の製品や経路の収益性を高め、需要に基づいて在庫を調整することができます。

需要計画の担当者は、ニュースや天候パターン、自然災害、労働者の問題など、需要に影響を与える可能性のある内的および外的要因を注意深く調査します。あらゆる可能性のある情報源からの情報収集は、顧客の需要を正確に予測するうえでの効果的な方法です。

ソフトウェアソリューションで物流管理に革命を起こします

カオピーズは先進のソフトウェアソリューションで物流管理に革命を起こします

カオピーズは、革新的な物流管理システムの開発に特化した大手テクノロジー企業です。弊社のシステムは、日本の物流企業の業務を最適化し、コストを削減し、効率を高めるように設計されています。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/Thumbnail_EduDX.png
ブログ
24.07.22
教育DX|新時代の教育改革
この記事では、教育にDX(デジタルトランフォーメーション)を導入し得られるメリットと直面する課題を見て、DX推進で可能になった教育改革の現状について触れます。政DX推進が、教育の構造に何の変化をもたらすのか、アウトラインを俯瞰します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/IoT教育とは.png
ブログ
24.07.19
IoT教育とは|IoTが教育にもたらす主なソリューション
この記事ではIoT (Internet of Things, モノのインターネット) が教育にもたらすソリューションについて説明します。IoTと教育を融合させ、先進的なICT技術も活用して学習者の学習体験を向上させることが出来ます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/ICT教育の概観.png
ブログ
24.07.17
ICT教育の概観|定義と事例とメリット・デメリット
本記事では、ICT教育の概要と教育業界に寄与するアドバンテージなどについて紹介します。ICT技術の導入により、どのような教育の問題が解決する可能性があるのか、今後の教育はどのような形態になるのか、掘り下げて説明を行います。