hero-image
NEWS
注文管理|効率化の鍵は自動化?
calendar
2024.06.13
repeat
2024.06.13

注文管理|効率化の鍵は自動化?

注文管理は重要な業務の一つです。

正確・迅速に行い、情報をいち早く更新する必要があります。

しかし、いくら手動管理で厳重に確認しても、やはりヒューマンエラーは発生しやすいです。一度エラーが発生すれば、効率性も生産性も低下し、通常は不要の対応にかかる時間も長くなってしまいます。

ここでは、注文管理を自動化するメリットとデメリットについて説明し、なぜ自動化が企業にとって重要であるか、管理システムによる自動化には何を注意するべきかについて見ていきます。

※関連記事:在庫管理システムを構築するには | 2024 年最新の解説

目次

注文管理とは?

注文管理とは、製品やサービスの注文を受け、発注から納品までのプロセスを管理する業務です。注文を手動管理する場合は、コンピュータのスプレッドシートや紙ベースで従業員が手入力で確認しながら記録する方法が主流です。もちろん、これには多くの時間と労力がかかります。

注文管理の手動プロセスには以下のようなステップがあります:

  1. 顧客からの注文を受ける
  2. 注文内容を確認し、在庫をチェック
  3. 必要に応じて仕入先に発注
  4. 発注内容を記録し、納品スケジュールを管理
  5. 納品後、在庫を更新し、請求書を発行

これらのステップを手動で行うと、どうしてもヒューマンエラーによりミスが発生しやすく、余計な時間がかかります。

ヒューマンエラー

※関連記事:適正在庫の維持|在庫管理システム導入のメリット

注文管理の自動化のメリット

それとは逆に、注文管理を自動化させれば、コンピュータ管理システムを使ってデータをリアルタイムで管理することが可能になり、注文管理の自動化を図ることができます。これがどのような利益をもたらすのかをこれから見ていきましょう。

自動管理システム

効率化

システムによる自動化で手作業を省略し、作業時間を大幅に短縮できます。つまり、受注から発注手配までのプロセスがシステム内で自動化され行われるため、従業員はより重要な業務に集中できます。具体的には、手動で行っていたデータ入力や在庫確認作業が不要となります。

コスト削減

自動化により人件費や在庫コストが削減されます。以下のように雑多なタスクを従業員がこなす必要もなくなりますので、人件費の削減にもなります。

  • リアルタイム在庫管理:在庫状況をリアルタイムで把握し、適切なタイミングでの発注をサポート
  • 注文処理の実行:注文受領から発注手配までのプロセスを人間の手で行います、エラーを防止
  • データ分析とレポート作成:販売データや在庫データを分析し、業務改善のためのレポートを逐次作成

ヒューマンエラー削減

手動管理では人的ミスが避けられませんが、自動化システムはデータを正確に処理できます。これにより、誤発注や納期遅延が防止することができるのです。誤発注や遅延が起こってしまうと、企業に不要なコスト負担を強いる結果となり、機会損失や信用の下落を招きかねません。このようなトラブルは企業としては避けるべき状況であることは明白でしょう。

データ精度の向上

エラー削減に関連することとして、蓄積データの精度が向上することが挙げられます。自動化システムはリアルタイムでデータを更新し、最新の情報を基にした意思決定が可能です。これにより、業務の透明性と信頼性が向上します。例えば、システムが自動的にデータを収集し分析することで、販売トレンドをリアルタイムで把握し、最適な在庫管理が可能になります。

このように、注文管理を自動化すれば、迅速かつ正確に在庫の搬出入および入荷・出荷を行うことが出来ます。さらに、自動化前には必要だった人員を削減できるので人件費も抑えることが出来ます。企業側として、これは増収および増益に貢献するメリットと言うことが出来ます。

効率化

注文管理の自動化のデメリット

管理システム導入にメリットは数多くあるものの、すべて問題なく導入できるとは限らないのが現実です。ここでは。自動化のためのシステム導入時に考慮すべき問題点を見てみましょう。

自動化管理システムを導入するコスト

システム導入には、大きな初期投資が必要です。ソフトウェア開発費、自社の機械へのインストール、従業員と折り合いをつけることや、ソフトウェアを使うことに慣れるためのトレーニングなど時間と費用がかさみます。ゆえに予算が限られている場合、初期投資が想像以上に負担になる恐れがあります。

自動管理システムへの依存

コンピュータシステムもバグや外的要因でトラブルが発生します。システムトラブルが発生した場合、業務が停止するリスクがあります。また、そのトラブル被害を最小限にするために、バックアッププランやシステムメンテナンスが重要です。具体的には、システム障害が発生した場合の対応策を事前に準備し、定期的なメンテナンスを行うことでリスクを軽減します。

システム導入時に時間と費用がかかる

システムの初期設定には時間と手間がかかります。既存の業務プロセスを見直し、新システムに適合させる必要があります。例えば、従業員が新システム導入に難色を示した場合、すり合わせが必要です。またデータの移行作業や、全員が管理システムを使いこなせるようにトレーニングをすることが必要です。

はじめての導入時、このようなコンピュータ管理システム開発だけでなく、あらゆる面で経済コストがかかること、または時間がかかることを意識してプランを立てる必要があります。

※関連記事:入出庫管理|コンピュータシステムの導入で効果的に?

システム開発はカオピーズにご相談ください

弊社も、システム導入による業務改善は、多くの企業にとって大きな利益をもたらす可能性があると考えており、より多くの企業様に普及を試みております。

※開発事例:コンビニ向けの販売管理システム

※開発事例:他業態連携発注システム

※開発事例:学用品発注システム

弊社は既存のパッケージに依存せず、個別のご案件に沿ったシステム開発を可能にしております。

まず、お客様がお持ちのシステム上の問題点およびニーズを丁寧にヒアリングし、メンバーが一丸となってシステム開発に取り組みます。また、弊社スタッフは日本語が可能で、弊社の東京オフィスには、お客様のもとへ出向けるスタッフおよびベトナム側の開発チームと取り次げるブリッジSEも在籍しております。

こうすることで、弊社開発エンジニアとお客様の間でスムーズなコミュニケーションが実現し、オフショア開発の問題点であった遠隔コミュニケーションによる様々な弊害を解消することに成功しております。

また、競合製品と比較しても、導入コストを低く抑えるノウハウを持っていますので、カスタマイズが効く高いクオリティのシステム開発ができることが特徴です。お客様の声を反映した柔軟なカスタマイズが可能で、業種や業務内容に応じた最適なソリューションを提供します。

※関連記事:WMS|システムの種類、ユースケース、メリットについて解説

まとめ

コンピュータシステムによる注文管理の自動化は、業務効率を飛躍的に向上させることで増収が見込めるだけでなく、コスト削減やエラー防止に効果的です。このことは企業の健全な運営に大きく寄与すると考えられます。

トピックまとめ

たしかに、管理システム導入は問題ないとは言い難いです。ただし、長期的にコンピュータ管理システムが安定的に使われるならば、導入された企業様には大きな利益をもたらします。今回のように注文管理をコンピュータ・システムで自動化することは、あらゆる側面を統合しても企業には有利だと考えられます。

もし、お困りごとがありましたら、是非カオピーズにご相談ください。弊社一丸となって、ご対応させていただきます。こちら記事の末尾にあるボタンをクリックして、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/Thumbnail_EduDX.png
ブログ
24.07.22
教育DX|新時代の教育改革
この記事では、教育にDX(デジタルトランフォーメーション)を導入し得られるメリットと直面する課題を見て、DX推進で可能になった教育改革の現状について触れます。政DX推進が、教育の構造に何の変化をもたらすのか、アウトラインを俯瞰します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/IoT教育とは.png
ブログ
24.07.19
IoT教育とは|IoTが教育にもたらす主なソリューション
この記事ではIoT (Internet of Things, モノのインターネット) が教育にもたらすソリューションについて説明します。IoTと教育を融合させ、先進的なICT技術も活用して学習者の学習体験を向上させることが出来ます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/ICT教育の概観.png
ブログ
24.07.17
ICT教育の概観|定義と事例とメリット・デメリット
本記事では、ICT教育の概要と教育業界に寄与するアドバンテージなどについて紹介します。ICT技術の導入により、どのような教育の問題が解決する可能性があるのか、今後の教育はどのような形態になるのか、掘り下げて説明を行います。