hero-image
NEWS
適正在庫の維持|在庫管理システム導入のメリット
calendar
2024.06.13
repeat
2024.06.13

適正在庫の維持|在庫管理システム導入のメリット

在庫管理システムを導入すべきかお悩みですか?
在庫管理システムで自動管理すると、適正在庫の維持に役立ちます。

適正在庫は、企業の効率化とコスト削減において非常に重要です。
しかし、従来の手動管理だけでは、多くの企業が在庫管理の課題に直面したままとなり問題は解決されません。本記事では、適正在庫の維持には、コンピュータによる在庫管理システムを導入し管理を自動化することが欠かせないこと、そして、そのメリット、または導入決定の判断基準について詳しく解説します

目次

適正在庫とは?

適正在庫とは、需要に応じた最適な物量を在庫に維持することです。適正在庫を維持することで、在庫過多によるコスト増加、反対に在庫不足による機会損失を防ぐことができます。

過剰な物量を在庫として保管しないといけない場合、不要な保管・廃棄コストが上がってしまいます。一方で、在庫不足は販売したくても納品できないという機会の喪失につながります。このことからも、適正在庫を維持することは、余計なコストを抑えるために不可欠だと言えます。

適正在庫とは?

在庫管理システム導入のメリット

コンピュータによる在庫管理システムの導入は、手動での管理に比べて数多くのメリットを提供します。特に以下の三つの点が重要です。

効率性の向上

在庫管理にコンピュータ管理システムを導入すると業務効率が向上し、それにともなったメリットも生まれます。

まず、自動化システムによりタグ付けされた在庫をリアルタイムで追跡できるため、効率性の向上に極めて有利です。同時にコンピュータ在庫管理システムで、入出庫の情報を瞬時に更新可能となり、在庫状況を常に最新の状態に保てます。これにより、在庫の正確な把握が可能となり、需要が予測しやすくなるため、過剰在庫や在庫切れのリスクを大幅に低減できるのです。

また、管理者や指示担当者の意思決定を、より迅速にします。在庫データが常に更新され、正確な情報に基づくことで、よりすばやく意思決定を行うことができます。例えば、在庫が不足している場合は速やかに補充指示を出すことができ、逆に過剰な在庫が確認された場合は、搬入量を下げて対処することが可能です。

正確性の向上

在庫管理システムを導入することにより、効率性だけでなく正確性も向上すると言えます。理由は二つあります。まず、ヒューマンエラーを削減できます。手動での在庫管理だけでは、入力ミスや記録の誤りが発生しがちです。従って、コンピュータ在庫管理システムを使用し自動管理することで、これらの人的ミスを大幅に削減し、在庫データが正確なまま蓄積されることになります。

これらは、財務報告や税務処理においても重要であるはずです。

次に、データの一貫性をもたせることが容易になることが挙げられます。一元管理されたシステムでは、全てのデータが単一データベースに集約されるため、データ共有が容易になります。これにより、異なる部門や拠点間での情報の食い違いがなくなり、企業全体としての情報共有の速度と精度が向上します。

コスト削減

在庫管理を自動化すれば、むろんコストも削減することも容易になります。

まず、保管コストの削減が挙げられます。適正な在庫レベルの維持により、不必要な在庫を減らすことができ、倉庫スペースを効率的に使用することが可能になります。

また、廃棄コスト削減です。在庫過多になることを防げれば、廃棄が必要な在庫を最小限に抑えることができます。これにより、廃棄コストも削減され、企業の財政を健全に保つことだけでなく、果ては環境負荷の軽減にも寄与します。

これらのメリットは、在庫管理システムを導入し自動化することにより、企業が直面する多くの課題を解決し、より高いビジネスパフォーマンスを実現する手助けとなります。在庫の正確性を確保し、コストを最適化し、全体的な運営効率を向上させるために、コンピュータシステムを構築し、導入することは大きなメリットをもたらすと言っても良いでしょう。

※関連記事:在庫管理システムを構築するには | 2024 年最新の解説

在庫管理システム導入のメリット

導入のデメリット

先に書いたように、在庫管理システムの導入には多くのメリットがあります。とはいえ、同時に在庫管理システムを導入する際、いくつか理解しておくべきデメリットも存在します。ここでは、よくある問題点について説明します。

初期コストが大きい

在庫管理システム導入には、導入コンサルティング費用、必要な製品の購入費用、カスタマイズ費用など、多くの初期コストが発生します。これは特に予算が限られた企業にとっては大きな負担となることがあります。

システムを導入するまでの時間

システムの導入には時間がかかるため、その期間中は業務に一時的な影響を与える可能性があります。特に、旧システムから新システムへの移行時には、一時的な混乱が生じますし、新しいシステムの導入に対して、従業員が難色を示すこともあります。

システムを効果的に利用するためには、一時的な混乱に対処する時間、および従業員とのすり合わせを行う時間が不可欠になります。したがって、時間工数の見積もりは慎重に行うべきでしょう。

システム上のトラブル対処と保全メンテナンスの負担

在庫管理システム導入後も、バグによる技術的な問題から誤作動が発生する可能性があります。また、システムの老朽化やセキュリティ脅威の防止のために、導入した在庫管理システムの定期的なアップデートとメンテナンスが必要となります。そのためにも、定期的かつ長期的な設備投資負担が必要となってしまいます。

このように、在庫管理システムの導入にはデメリットや問題点があります。それでも、それらに対して適切な対策を講じることで、導入メリットを最大限に享受することが可能です。

※関連記事:WMS|システムの種類、ユースケース、メリットについて解説

在庫管理システム導入のデメリット

ROI(投資利益率)の役割

このようなメリットとデメリットを踏まえれば、在庫管理システムの導入を決めるためには損益を判断する指標が必要となることが分かります。通常よく使われる指標は、ROI(投資利益率)です。

ROIは、一定の投資に対してどれくらいの利益がもたらされるかを示す指標です。ROIを使用して、具体的な数字で利率を明確に示すことで導入の効果を計算することができます。

まず、システム導入により年間の在庫コストが何パーセント削減されるか試算します。これが決まった期間でどれだけのコスト削減と増収につながるかを計算することで、投資の効果や正当性を証明できるのです。

ROIの役割

まとめ

適正在庫を維持することは、企業の成功にとって欠かせない要素です。それを従業員の努力に頼って手動管理を行うのではなく、コンピュータによる在庫管理システムを使用して管理を自動化することで、在庫管理の効率化、正確性向上、コスト削減を有意に実現させられると言えます。

これは、利益を上昇させるだけでなく企業の競争力を高め、事業拡大を容易にさせることにつながります。

カオピーズは、既製システムは使用せず、企業様の課題やニーズに合わせてシステム開発を行っております。

そのため、お客様の意識する問題点やニーズにあわせ、システム開発を進め、要件に適合するカスタマイズされたシステムを納品することが可能です。いままで、製造業、小売業、医療製薬業など、業界ごとに異なる要件に対応するべく、柔軟なソリューションを提供してまいりました。システム導入を検討に迷っている方、またはシステム開発でお困りの方、ぜひ弊社カオピーズまでご相談ください。

※関連記事:入出庫管理|コンピュータシステムの導入で効果的に?

お見積もり・ご相談はこちら

よく読まれている記事

https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/Thumbnail_EduDX.png
ブログ
24.07.22
教育DX|新時代の教育改革
この記事では、教育にDX(デジタルトランフォーメーション)を導入し得られるメリットと直面する課題を見て、DX推進で可能になった教育改革の現状について触れます。政DX推進が、教育の構造に何の変化をもたらすのか、アウトラインを俯瞰します。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/IoT教育とは.png
ブログ
24.07.19
IoT教育とは|IoTが教育にもたらす主なソリューション
この記事ではIoT (Internet of Things, モノのインターネット) が教育にもたらすソリューションについて説明します。IoTと教育を融合させ、先進的なICT技術も活用して学習者の学習体験を向上させることが出来ます。
https://kaopiz.com/wp-content/uploads/2024/07/ICT教育の概観.png
ブログ
24.07.17
ICT教育の概観|定義と事例とメリット・デメリット
本記事では、ICT教育の概要と教育業界に寄与するアドバンテージなどについて紹介します。ICT技術の導入により、どのような教育の問題が解決する可能性があるのか、今後の教育はどのような形態になるのか、掘り下げて説明を行います。