請負型開発とラボ型開発の違いについて

オフショア開発を調査・検討する時にラボ型開発や請負型開発というコンセプトがよく耳にするでしょう。「請負型開発とラボ型開発はどういう違いがあるか」、「どちらを選べば良いか」といったような質問はお客様よりよく頂いています。今回、この2つの開発形態の違いについて解析していきます。

請負型開発とは?

請負型開発はお客様がご発注された仕様・要件に基づき開発し、成果物を納期までに納品します。お客様は開発プロセスにあまり関与しません。
まずお客様のご要望をよくヒアリングし、要件定義書が確定している場合はその内容に基づき見積書をご提案致します。一方、システム・アプリの詳細が決まっていない場合は、ご要望を詳細にお伺いし、要件定義を明確にしたうえで開発に必要なメンバーの編成・見積提出しスタートして参ります。
また、請負型開発においては、ウォーターフォール・モデルで進めていくことが多いです。ウォーターフォール・モデルとは滝の水が上から下へ落ちるのと同じように、初期に膨大な時間をかけて、サービス開発範囲を「全て」定義してから設計、実装、最後にテスト、納品をする形態です。それぞれの工程が終わると次の工程に進み、前の工程には戻らないという開発スタイルです。

ラボ型開発とは?

ラボ型開発は、弊社にてお客様の業務対応専用チームを編成し、一定期間(通常、半年間から1年間)の契約を結ぶ形態です。お客様が弊社のブリッジSE、またはプロジェクトマネージャーと直接コミュニケーションをとって頂き、開発チームに作業内容を指示します。
ラボ型開発案件にウォーターフォール・モデルを用いられることがありますが、多くの場合には、アジャイル・モデルで実施します。アジャイル・モデルでは、分析、設計、実装、テストを短い期間で行い、その一連のサイクルを繰り返していきます。この形態では、要望や仕様の変更が何度発生しても柔軟に対応致します。オフショア開発で発生しやすいコミュニケーション不足の課題を避け、安定した開発を行うことが可能です。
ラボ型開発の案件は、準委任契約を結んで頂きます。準委任契約は、お客様の特定の業務を遂行することを定めて契約です。ですから、弊社の専用チームはお客様の指示で開発業務を行っていきます。

「請負型開発」と「ラボ型開発」の違いは?

開発しようとされているシステムの納期、仕様などの要件定義が明確になっているケースでは、請負型開発を選ばれることが多いです。一方、システムの要件定義をこれから確定していくお客様、お仕事の量が安定して中長期でオフショア開発の事業を築くことで継続的に開発コストの削減を図りたいお客様には、ラボ型契約をお勧めいたします。
つまり、「システムを予定通りに完成させる」場合は請負型開発、「システムの内容など含めて検討しながら開発を進めていく」場合はラボ型開発をご推奨提案致します。

以下の表はそれぞれの契約形態の特徴をまとめました。ご参考にしてください。
 
請負型契約
ラボ型契約
選択されることが多いケース
  • 要件(仕様等)が明確になっている
  • 単発的にで発注したい
  • 要件が変更される可能性が高い
  • 仕事の量が安定している
  • 中長期で連携し、新システムを新規事業として立ち上げたい
  • オフショア開発の経験を蓄積したい
  • 優秀な人材を一定期間確保したい
責任範囲 業務の完成義務 業務の遂行義務
開発モデル ウォーターフォール型 ウォーターフォール型、或いはアジャイル型
開発体制 開発者が決定 お客様と合意する
請求・お支払い 弊社では以下をお願いしております。
  • 案件の開始時期に契約金額の30~50%
  • 検収時に契約金額の50~70%
当月の委託料は、翌月5日までに請求し、翌月末迄にお支払い頂く
メリット 開発者に納期、品質の担保責任が高く定められる
  • 仕様変更に柔軟に対応可能
  • 開発体制を調整可能
  • 開発者がお客様のシステムを習熟する
  • 優秀な人材を長期間確保することが可能
デメリット
  • 発注時に要件定義を提示する必要がある
  • 仕様変更による追加費用が発生する場合がある
  • お客様と開発者は短期的な連携しかできない
お客様は開発者と積極的にコミュニケーションをとり、仕様の明確化、進捗の確認、成果物のレビューなどに関わる必要がある

この記事では請負型開発とラボ型開発の特徴を明確にしてきました。請負型開発とラボ型開発、この2つのオフショア開発形態に迷っておられる方のお役に立てましたら幸いです。

お見積もり・ご相談はこちら