2021年版 モバイルアプリ開発フレームワーク 5選

世界中の人々にリーチするための近道を切り開くことこそが、スマートなビジネス戦略の基本です。そのひとつとして、ビジネスサイトを モバイルアプリ へと切り替えることがあります。ただし、モバイル アプリ をうまく作るには、適切な モバイルアプリ開発フレームワーク 、関連技術、プラットフォーム、データベースが不可欠です。とはいうものの、あまりにも多くの選択肢があり、どれかひとつに絞るのはこれまで以上に難しい状況です。そこでこの記事では、iOSとAndroid両方のプラットフォームで最も人気の高い モバイル アプリ開発 フレームワーク について説明します。その前に、効率的な モバイル アプリ開発 フレームワーク とはどのようなものかを簡単に見ていきましょう。

目次

 

1. モバイルアプリ開発フレームワーク とは何か?

モバイルアプリ開発フレームワーク とは、開発者が モバイルアプリ を構築するのを支援する目的で作られたライブラリのことです。何より、モバイルアプリ開発 を支援する基本的構造が用意されていて、プロセスを向上しつつコストの削減ができます。
2020~2021年の モバイルアプリ開発 に最適なフレームワークを詳しく知るにあたって、この記事は初心者や、今も最適なものを求めるフレームワーク所有者などの読者にうってつけです。ここでは、おすすめの モバイルアプリ開発フレームワーク を5つ紹介していきます。

2. 2021年の モバイルアプリ開発 に最適なフレームワーク

モバイルアプリ開発 に最適なフレームワークをまとめました。それでは、見ていきましょう!

2.1. React Native

ReactNative

React Nativeは、Facebookが発表した高人気のクロスプラットフォームのフレームワークのひとつです。ReactJSベースに構築された React Native は大規模なコミュニティにサポートされていて、長い間愛用されているAngularJSと強いライバル関係にあります。このフレームワークを使用すれば、開発者はiOSとAndroidの両プラットフォームに対応する JavaScript のみでモバイルアプリケーションを作成できます。このフレームワークはUIコンポーネントの階層を構築し、JavaScriptのコードを生成します。React Nativeで作成されたアプリには、Facebook、Airbnb、Walmart、Bloomberg、Instagram、Soundcloud、UberEatsなどがあります。

ここで、モバイルアプリ開発にReact Nativeを使用することで得られるメリットを紹介しますので、ぜひ知っておいてください。
• 最適なパフォーマンス
• モジュラー型アーキテクチャ
• コードの効率化
• コードの再利用性
• 大規模なコミュニティ
• サードパーティーのプラグインに対応
• ホットリロードに対応
• 役立つソリューションとライブラリ
• NPM(Node Packet Manager)との統合
• ライブリロード機能: 1回目はコード修正に、2回目は修正点のプレビューに使用します。

2.2. Flutter

Flutter

Flutter は、Google が作成した無料でオープンソースの モバイルUIフレームワーク です。手短に言うとFlutterは、開発者がコードをたった1度記述するだけでネイティブモバイルアプリを作成できるようになるフレームワークです。つまり、 iOS と Android の アプリ を作成する場合を例に挙げると、開発者はプログラミング言語を1度だけ記述し、コードベースは1つだけ用いれば良いということです。
Googleによると、「リリースから2年間で200万人以上の開発者がFlutterフレームワークを使用しており、その数は常に増え続けている。」とのことです。さらに、Googleが見たところでは3月には前月比で使用者が10%増加しています。つまり、毎月50万人近くの開発者が Flutter を使用していることになります。
Flutter を使うことで同一のコードベースからAndroidやiOSアプリを構築でき、その見た目も ネイティブアプリ です。Flutter は Google による導入が2015年でしたが、2018年12月の公式リリースまではベータ段階にとどまっていました。
Flutterのユーザーは、携帯電話、テレビ、タブレット、ウェアラブルデバイス、スマートディスプレイ用のアプリを作成できます。

なぜ Flutterが モバイルアプリ開発 に選ばれるのか?
ホットリロードによるアプリ開発の高速化: Flutter は、スピーディーなアプリ開発を可能にするクロスプラットフォームのフレームワークのひとつです。これは、Flutterがネイティブコードと「ホットリロード」または「ホットリスタート」機能を備えているからです。これらの機能のおかげで、開発者はわずかな時間でコードの変更を確認できます。なので、開発者の生産性が10倍も向上するのです。Flutterベースのアプリは主に内蔵のウィジェットに依存しており、プラットフォームのウィジェットには依存していません。そのため、アプリのサイズはほとんどが4MB以上と推定できます。Flutterにはナビゲーション、スクロール、フォントなど、さまざまなウィジェットがあります。これにより、たとえば iOS と Android 両方のプラットフォームで、ネイティブなパフォーマンスが得られます。そのため開発者は、モバイルアプリ開発にかかる時間を容易に削減できます。
複数の IDE に対応: つくりたいものがどんなに複雑で幅広いアプリであれ、Flutterは近年開発者の間で人気が高まっています。その理由は、Flutterが複数のIDEにすぐれた対応をしており、クロスプラットフォームのアプリを開発する際に開発者にとって快適な環境を用意できるからです。一般的に開発者は1つのIDEを使い始めると、他のIDEに乗り換えたがりません。この点でFlutterは有利であり、Android Studio、IntelliJ、VC Code などの膨大な数のIDEへのアクセスを可能にしています。

アプリ開発フレームワークを使って作成した人気アプリには次のようなものがあります。
• Alibaba
• Google広告 アプリ
• Reflectly
• Cryptograph
• Birch Finance

2.3. Ionic

Ionic

HTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ技術を用いてクロスプラットフォームのモバイルアプリを作成するにあたって、Ionicは最適なモバイルアプリ開発フレームワークのひとつ、そして高人気のオープンソースのフレームワークと考えられています。このフレームワークには、モバイル向けに最適化されたコンポーネントと、Cordova や Ionic Nativeを使用したネイティブAPIが備わっています。TypeScript言語で書かれたIonicの最大の利点は、そのテンプレートにあります。Ionicは、ハイブリッドアプリ、プログレッシブウェブアプリ(PWA)、クロスプラットフォームアプリの開発に役立つ多目的なフレームワークです。その使い勝手の良い特徴から、Ionic はモバイルアプリ開発フレームワークとして好まれています。

Ionic の特徴と、フレームワークとして最適な理由:
カスタマイズ が容易な美しい デフォルトUI : Ionicには、無数のデフォルトのJavaScript/CSSコンポーネントが備わっていて、 モバイルアプリ に組み込みたい主要な要素をほとんど網羅しています。スライドメニューや次のようなコンポーネントも備わっています。
• ボタン
• リスト
• ナビゲーション
• 入力フォーム
• タブ
• スライドボックス

さらに、Ionicフレームワークに含まれるテーマやコンポーネントはカスタマイズ可能なので、アプリのインターフェース作成の自由度が高まります
Cordovaプラグイン: Cordovaプラグインを使用すると、フラッシュライト、カメラ、GPSなどの機能を利用できます。
Angularベースに構築されたIonic: Ionicフレームワークを使用したことがある人ならば、IonicがAngularフレームワークをベースに構築されていることはご存じでしょう。IonicはAngularを拡張したものであり、Angularを使用してモバイルアプリをシームレスに開発するためのさまざまな要素を備えています。GoogleはAngularを支持していますが、だからといって必ずしもあらゆる状況に最適というわけではありません。しかし、賢明なエンジニア達がAngularの構築とメンテナンスに取り組んでいますので、とても安心です!
大規模で役に立つコミュニティ:Ionicでは、これまで開発者が利用してきた中でもまぎれもなく最も素晴らしいコミュニティの感覚が得られます。Ionicは常に、大規模で頼りになり、そして友好的なコミュニティの一部なのです。
さらに、常にブログ記事が投稿されていて、フォーラムのメンバーの役に立っています。ユーザーはアプリについての質問をソーシャルメディアに投稿できます(それ以上のことは分かりません)。Ionicフレームワークの創設者から質問に対する回答をすべて得られるかもしれません。

Ionicフレームワークを作成に使用した有名なアプリには、次のようなものがあります。
• Diesel
• McDonald’s Turkey app
• JustWatch
• Mclaren Automotive
• Sworkit

2.4. PhoneGap

phonegap

PhoneGapは、初めは「Apache Cordova」という名前でNitobi社が発表したものでした。その後、Adobe社がNitobi社を買収し、「PhoneGap」と改名したのです。クロスプラットフォームのモバイルアプリ開発の技術として広く取り入れられています。また、 クロスプラットフォーム のアプリケーションを作成するにあたって、堅牢なモバイルアプリ開発フレームワークであるとも言えます。このフレームワークの最も良いところは、Android用のJavaやiOS用のSwiftなど、複雑な言語の使用が少なくて済む点です。
PhoneGapは、 ハイブリッドアプリ と モバイルデバイス 向けの ネイティブアプリ 間のギャップを埋めることを意図したものです。開発者は、HTML5、CSS3、JavaScriptなどのウェブベースの言語を使用して、すべてのデバイスを対象としたハイブリッドアプリを構築できます。
このフレームワークはアドビシステムズ社によって開発されましたが、現在はApache社に譲渡され、オープンソースとして保守管理されています。また、PhoneGapを使うことによって、開発者は1つのアプリを作成するだけで、それを ネイティブアプリ として複数の媒体にインストールできます

PhoneGapモバイルアプリフレームワークを使用して開発されたアプリには次のようなものがあります。
• ウィキペディア
• HealthTap
• The DHS Program
• TripCase

PhoneGapフレームワークを使用するメリット:
オープンソース: このフレームワークは無料で使用できます。
プラグインとの相性が良い: 数種類の有用なプラグイン統合に対応しており、Adobeリポジトリ、パブリックGit リポジトリ、Node JavaScript プラットフォームからアクセスできます。 >熟練した開発者が不要: PhoneGap は、JavaScript、CSS3、HTML5などの人気で一般的な技術を使用しているので、開発者は特殊な専門知識を必要としません。

2.5. Xamarin

xamarin

Microsoftが発表したXamarinは、 C#プログラミング言語 をサポートする最適なハイブリッドアプリフレームワークのひとつです。オープンソースのプラットフォームであるXamarin は、 .NET と C# を使用したハイブリッドモバイルアプリの構築に使用されます。さらに、マイクロソフトの製品であるこの堅牢なマルチプラットフォーム開発フレームワークには6万人以上の開発者と貢献者がいて、優れたカスタマーサポートや豊富なドキュメントが用意されています。コストを最小限とした理想的なフレームワークとなれば、Xamarinは1度のコード記述で、iOS、Android、Windows用のアプリやプラットフォームを3つ作成できるので、コスト削減にもつながります。

Xamarinの特徴および成功の理由:
シームレスなUI開発: Microsoft Visual StudioとXamarin Studioを利用することで、デザイナーは美しいインターフェースを作成し、ユーザーエクスペリエンスを向上できます。
マルチライブラリ対応: React Nativeとは異なり、このフレームワークがあれば、コーダーはCSSライブラリも利用できます。
オフラインアプリに最適: Xamarinは、オフラインで動作するアプリの作成に最適です。これは、アプリケーションがインターネットを使わずに動作しなければならないケースがあるからです。

Xamarinを使って作成されたアプリには次のようなものがあります。
• The World Bank
• BBC Good Food
• HCL
• アラスカ航空

3. 結論

最適なモバイルアプリ開発フレームワークがあれば、さまざまなプログラミング言語、機能、プラットフォームが得られます。どのフレームワークを選択するかは、要件、予算、技術的要件、そして短期的または長期的な成功の可能性に応じて、最も適したものを選ぶと良いでしょう。